ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ギルティギアシリーズ』における黒幕の一人で、物語の鍵となる生体兵器GEARを生み出した人物。穏やかかつ贖罪的な口調で喋る。

一般人にもギアを作り出した大罪人として、その存在は認知されている(ギアの誕生はジャスティスの反乱=聖戦へと続き、ギア対人類の百年戦争に発展した)。


150年以上生きているが、本人はあくまでも人間でありギアではない

ソルは「肉弾戦ではその辺の爺さんにも負けるレベルだが、魔法使いとしては頂点だ」と「あの男」の強さを語っている。


本名を知る者はごくわずかであり、多くは「あの男」と通称で呼ばれる。

『ギルティギア2』からは「ギアメイカー」と呼称される場面が増え、『GGXrdR』のストーリーの最後では初めて本名(飛鳥=R=クロイツ)と素顔を晒した。また『GGST』ではたびたび「魔王」と呼称されていた。どこまで呼び名を増やすつもりだ(byソル)


GGSTでのプロフィールやゲーム性能・アーケードモードでの詳細は飛鳥=R=クロイツおよび飛鳥=R#を参照。




目的・立ち位置

バックヤードで人類を意図せぬ方向に進化させようとする「慈悲なき啓示」に対抗するなど、その行動は人類を救うために行われている節がある。

どうやら未来に起こる厄災をバックヤードで知り、来るべき時に備えての準備としてGEARの作製や聖戦を引き起こしたらしい。しかしそのために人類に未曾有の惨劇を引き起こしたのは紛れも無い事実である。

だが日本の滅亡などは、彼の意に反して行われた事故であることが語られている。


ソルから追われる身ではあるが、目的のためにあえて何も語ろうとはせず、成長を促し導こうとしていた。



声優

『GGXX』ストーリーモードでは増谷康紀が、『GG2』以降の作品では杉田智和が担当した。




ストーリー

本編以前の過去

在りし日を

フレデリック(右側)と「あの男」(左側)

2010年に一般化した魔法科学理論。その不明なままの部分を発見したと目されている。


2014年。アメリカ合衆国で発足した人類の生態強化計画GEARプロジェクトのチーフに就任。同チームにフレデリックアリアが所属する。当時は友好な関係にあり、理論のディスカッションなどをしていた。当時からバックヤードや啓示の存在に言及している。

GGまとめ4


2016年。人体実験第一号として本人の了承なくフレデリックをギアに改造。しかも自立型ではないため、制御装置なしには意識を保てないプロトタイプだった。実験体として扱われたフレデリックは研究所を脱走し、「あの男」を宿敵として憎むソル=バッドガイとなる。

その後、GEARプロジェクトはアリアを含む所員全員が失踪し中断した。


しかし「あの男」はその後も研究を続け、2073年にアリアを素体として司令塔のギア=ジャスティスを完成させる。同時期にある男の画策でアメリカ合衆国で兵器開発としてGEARプロジェクトが再開する。

翌2074年にGEARの生産が完了し世界戦争に突入しかけるが、ジャスティスにより全てのGEARが支配され人類に反逆する。同年、計画通りに日本列島が総攻撃を受け日本が消滅する。

このため、様々な人物にとって憎悪と興味の対象となっており、特にジャパニーズ(日本人)たる御津闇慈梅喧とは因縁が深い。

なお、日本消滅に関してはXrdでの設定改変に伴い、大きく変更されている(詳細はジャスティスの記事を参照)。


本編

存在自体は初代GGのソルのエンディングで初めて明かされた。

ジャスティスを倒したソルが全ての元凶である「あの男」に復讐を誓っているが、当時のソルは「野郎」と呼んでいた。


「あの男」と呼称されるようになったのはGGXから。日本を消滅させた元凶として梅喧、闇慈などのジャパニーズとの接点が生まれ、様々なキャラクターと関連するようになった。

家庭用のストーリーモードで初めてその姿を見せたが、「あの男」の側近を含めてほぼシルエットのみの登場となった。


GGXXのストーリーは側近のイノが単独で暴走するといった内容であり、ルート選択によっては直接粛清する場面もあった。ドラマCDでは、イノとあの男の出会いが描かれている。


GG2では敵としてゲーム本編にようやく登場。

魔道書から光弾やレーザーで弾幕を張るなど、シューティングゲームさながらの攻撃をしてくる。

普段ビハインド視点が主なGG2だが、「あの男」戦だけは例外で、殆どのシーンで縦シューティングゲームさながらの真上からの見下ろし視点を強制させられる。突如全く違う視点での操作をさせられるにもかかわらず、根本的な操作性や、ゲーム内の処理は変わらない為に、初見のプレイヤーは混乱させられてワケもわからぬうちに撃破されてしまうといった事態が多発した。

そういうゲームじゃねえからこれ!

実に多種多様な攻撃方法で、ドラゴンインストールしたソルですら苦戦を強いられる程の実力。後に2D格闘ゲームであるSTRIVEでプレイアブルとして実装された際にも「多彩な攻撃方法」というエッセンスを受け継いだキャラ性能となっている(詳細は後述)。


成り行きで交戦する場面こそあったものの、ヴァレンタインを倒すためにゲートを開いてソルを導いている。


GG2において「特殊な装置で眠りにつき定期的な若返りを行うことで寿命をのばしている」という設定が明かされた。装置自体が不完全なため記憶のオーバーフローを起こしてしまう。このため記憶のバックアップを行なっている。

担当声優も増谷氏の渋い大人の声から杉田氏の少年声に変更されている。


GGXrd以降も、ソルには敵対心を抱かれながらも、利害関係の一致から終始協力体制だった。

(というよりシリーズを通して明確にソル一行と敵対しているという描写はほぼない)

SIGNでは、同じ師を持つクロノスが率いる元老院との対立~決着の物語であり、本人もクロノスとは思想の違いから袂を分かった関係である為に、ソルと協力体制をとる。しかし、物語の途中で元老院の手によりバックヤードに閉じ込められてしまう。


Rev開始時点でもまだバックヤードから出られていない状態だったが、元老院を失ったクロノスと対話することで、やり方・思想こそ違えど世界の平和を望むという点でお互いの考えは一致しており、クロノスから後を託される形で和解、現世へと戻ってくる。その後は、ソル達の前に現れ、自身の目的を語り始める。

その真の目的はアリアの蘇生であり、彼の行動の全てはソルとアリアを引き合わせることにあった。真実を語ったことで、ソルとの確執は解消する。黒幕打倒の為に、Dr.パラダイムらと協力して作戦を進行させる。

黒幕との決着がつき、ソルとアリアが再会した後に、今度は自分達(ソルと飛鳥)の決着を着ける決意を固めた。「あの男」の顔を見たソルは「ケンカを売っている奴の目」と語り、戦いを受け入れた。


後日、アメリカ合衆国政府に投降する。

飛鳥

STRIVEでは合衆国投降後、ケイオス打倒や英雄としてのソル=バッドガイを抹殺、そして贖罪のために奔走することになる。


外見・服装

GGX~GGXXまではシルエットでしか描写されておらず、確認出来る容姿は「フードを目深に被っており、素顔を見る事ができない」程度だった。


『GG2』で初めて正式なデザインが設定された。

目深に被ったフード姿はそのまま、GGらしくベルトや十字の意匠などが多数付いた複雑なローブ姿で登場した。分厚い本を手にしている。


『ヴァステッジ』はアニメで描写されていたためか、デザインがかなりシンプルになっている。


魔人

ショートヘアの穏やかそうな顔つきで、頭部に猫耳の様な三角状のものがつき、右目は翼のような形をしたもので覆われていた。


飛鳥

『STRIVE』では猫耳が無くなり、右目の翼は歯車と花を合わせたかのような形状(ファンからの通称はベイブレードハンドスピナー)に変わり、容姿は回想で描かれた科学者時代の頃に近いデザインに先祖返りしている。(ただし、髪はそのころと比べると若干短くなっている。)

また、服装も下は道着と修道服を混ぜたようなデザインで上着は装飾のない白いシンプルなローブになるなど、大幅なデザイン変更がなされた。


三人の側近

側近としてイノレイヴンジャック・オーを従えている。レイヴンは忠実だが、イノはとても気まぐれで命令を聞かないこともしばしば。

当初はイノもレイヴンと同じく忠実という設定だったが後に気まぐれという形に変更された。

Xrd以降はイノは「あの男」に従っているというよりは利害一致の関係に近い模様。


天然?

STRIVEではを含めたGEARの起源にまつわる人物たちの決着が着けられるが、そこで明かされた彼の素は、「合衆国投降を公にするため、了承を得ずにメディアに勝手にリークする」「隠匿性の確認とはいえ周辺機器を無言で法術により強制ハックし、周囲に睨まれて謝罪する」、挙句には時系列的にストーリー後になるアーケードモードでは趣味が高じて「倫理観が全壊してる」ことをやるなど、表現下手なのも相まって、性格は上記の通り「善人」なのだが傍からみれば迷惑極まりない行動を度々とっている。


聖戦の切っ掛けとなったジャスティスやGEAR製造も、元はといえばアリアを不治の病から救う為(とGEAR化したフレデリックが再会できるように)、軍事兵器を求めた軍からの介入に抗しきれず、ならば司令官型でGEARを強制的に止めることで平和を維持できるようにと考えたことにある(それがハッピーケイオスや慈悲なき啓示の介入で悉く裏目にでたが)。


総じて「科学や法術に全能力を割り振ったコミュ障オタク」という、シリーズ初期の黒幕というイメージからはいろんな意味でかけ離れた残念な性格が露呈している。

とはいえ、フレデリックも「人に教えることが下手で預かった子供が残念なことに」、「高性能、だが中二病満載の兵器や必殺技を開発」と、ぶっきらぼうなところを除けば根本は似ている。

かつて友人だったのも、似た者同士だったがゆえかもしれない・・・


関連タグ

ギルティギア / 飛鳥=R=クロイツ / 飛鳥=R#

ソル=バッドガイ / フレデリック=バルサラ / アリア

ジャスティス

イノ / レイヴン / ジャック・オー / ヴァレンタイン


ケイオス もう一人の「あの男」。

ギアプロ組 フレデリック・アリア・「あの男」の3人組を指すタグ。のちに人類の生体強化を目的とした通称GEAR(ギア)計画に深く関わっている。

ラグナ=ザ=ブラッドエッジ ギルティギアと双璧を成すアークシステムワークスの対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』の主人公。声優を同じ杉田智和氏が担当している。

関連記事

親記事

ギルティギアのキャラクター一覧 ぎるてぃぎあのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101883

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました