ピクシブ百科事典

「あの男」

あのおとこ

「あの男」とは、『ギルティギアシリーズ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

身長不明
血液型不明
年齢不明
生年月日不明
大切なもの不明
嫌いなもの不明
欲しいもの不明
声優増谷康紀杉田智和


概要

ギルティギアシリーズ』における黒幕の一人で、物語の鍵となる生体兵器GEARを生み出した人物。穏やかかつ贖罪的な口調で喋る。
一般人にもギアを作り出した大罪人として、その存在は認知されている(ギアの誕生はジャスティスの反乱=聖戦へと続き、ギア対人類の百年戦争に発展した)。

本名を知る者はごくわずかであり、多くは「あの男」と通称で呼ばれる。
『ギルティギア2』からは「ギアメイカー」と呼称される場面が増えた。

150年以上生きているが、本人はあくまでも人間でありギアではない。
ソルは「肉弾戦ではその辺の爺さんにも負けるレベルだが、魔法使いとしては頂点だ」と「あの男」の強さを語っている。

目的・立ち位置

バックヤードで人類を意図せぬ方向に進化させようとする「慈悲なき啓示」に対抗するなど、その行動は人類を救うために行われている節がある。
どうやら未来に起こる厄災をバックヤードで知り、来るべき時に備えての準備としてGEARの作製や聖戦を引き起こしたらしい。しかしそのために人類に未曾有の惨劇を引き起こしたのは紛れも無い事実である。
だが日本の滅亡などは、彼の意に反して行われた事故であることが語られている。

ソルから追われる身ではあるが、目的のためにあえて何も語ろうとはせず、成長を促し導こうとしていた。

ストーリー

本編以前の過去

バックヤードへの考察


フレデリック(手前)と「あの男」(奥)
2010年に一般化した魔法科学理論。その不明なままの部分を発見したと目されている。

2014年。アメリカ合衆国で発足した人類の生態強化計画GEARプロジェクトのチーフに就任。同チームにフレデリックとアリアが所属する。当時は友好な関係にあり、理論のディスカッションなどをしていた。当時からバックヤードや啓示の存在に言及している。

珈琲飲むかい?



2016年。人体実験第一号として本人の了承なくフレデリックをギアに改造。しかも自立型ではないため、制御装置なしには意識を保てないプロトタイプだった。実験体として扱われたフレデリックは研究所を脱走し、「あの男」を宿敵として憎むソル=バッドガイとなる。
その後、GEARプロジェクトはアリアを含む所員全員が失踪し中断した。

しかし「あの男」はその後も研究を続け、2073年にアリアを素体として司令塔のギア=ジャスティスを完成させる。同時期にある男の画策でアメリカ合衆国で兵器開発としてGEARプロジェクトが再開する。
翌2074年にGEARの生産が完了し世界戦争に突入しかけるが、ジャスティスにより全てのGEARが支配され人類に反逆する。同年、計画通りに日本列島が総攻撃を受け日本が消滅する。
このため、様々な人物にとって憎悪と興味の対象となっており、特にジャパニーズ(日本人)たる御津闇慈梅喧とは因縁が深い。
なお、日本消滅に関してはXrdでの設定改変に伴い、大きく変更されている(詳細はジャスティスの記事を参照)。

本編

存在自体は初代GGのソルのエンディングで初めて明かされた。
ジャスティスを倒したソルが全ての元凶である「あの男」に復讐を誓っているが、当時のソルは「野郎」と呼んでいた。

「あの男」と呼称されるようになったのはGGXから。日本を消滅させた元凶として梅喧、闇慈などのジャパニーズとの接点が生まれ、様々なキャラクターと関連するようになった。
家庭用のストーリーモードで初めてその姿を見せたが、「あの男」の側近を含めてほぼシルエットのみの登場となった。

GGXXのストーリーは側近のイノが単独で暴走するといった内容であり、ルート選択によっては直接粛清する場面もあった。ドラマCDでは、イノとあの男の出会いが描かれている。

GG2では敵としてゲーム本編にようやく登場。
魔道書から光弾やレーザーで弾幕を張るなど、シューティングゲームさながらの攻撃をしてくる。
そういうゲームじゃねえからこれ!

対戦する場面こそあったものの、ヴァレンタインを倒すためにゲートを開いてソルを導いている。

GG2において「特殊な装置で眠りにつき定期的な若返りを行うことで寿命をのばしている」という設定が明かされた。装置自体が不完全なため記憶のオーバーフローを起こしてしまう。このため記憶のバックアップを行なっている。
担当声優も増谷氏の渋い大人の声から杉田氏の少年声に変更されている。

GGXrd以降もソルには敵対心を抱かれながらも、なんだかんだ協力的であった。
「あの男」がいなければ立ちはだかる強敵達を倒せたか分からないほど。

その真の目的はアリアの蘇生であり、彼の行動の全てはソルとアリアを引き合わせることにあった。
ソルとアリアが再会した後、全ての決着を着ける決意を固めた。「あの男」の顔を見たソルは「ケンカを売っている奴の目」と語り、戦いを受け入れた。

後日、アメリカ合衆国政府に投降した。

外見・服装

GGX~GGXXまではシルエットでしか描写されておらず、確認出来る容姿は「フードを目深に被っており、素顔を見る事ができない」程度だった。

『GG2』で初めて正式なデザインが設定された。
目深に被ったフード姿はそのまま、GGらしくベルトや十字の意匠などが多数付いた複雑なローブ姿で登場した。分厚い本を手にしている。

『ヴァステッジ』はアニメで描写されていたためか、デザインがかなりシンプルになっている。

『GGXrdR』のストーリーの最後で、初めて本名(飛鳥=R=クロイツ)と素顔を晒した。
ショートヘアの穏やかそうな顔つきで、頭部に猫耳の様な三角状のものがつき、右目は翼の形をしたようなもので覆われていた。

三人の側近

側近としてイノレイヴンジャック・オーを従えている。レイヴンは忠実だが、イノはとても気まぐれで命令を聞かないこともしばしば。

関連タグ

ギルティギア
ソル=バッドガイ ジャスティス
イノ レイヴン ジャック・オー ヴァレンタイン

関連記事

親記事

ギルティギアのキャラクター一覧 ぎるてぃぎあのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「「あの男」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44469

コメント