ピクシブ百科事典

Dr.パラダイム

いんこせんせい

アークシステムワークス(ASW)の対戦格闘ゲーム『ギルティギア』シリーズの派生作品『ギルティギア2』から登場したキャラクター。 生体兵器『GEAR(ギア)』でも珍しい穏健派で法術学者。頑固で偏屈だがその博識は一級品。 本人は「ドラゴン型ギア」を自称するが、ソルおよび公式からは「インコ」呼ばわりされている。
目次[非表示]

Dr.パラダイムとは、アークシステムワークス対戦格闘ゲームギルティギア』シリーズのキャラクターである。

プロフィール

全長115cm (翼開長142cm)
体重32kg
血液型不明
出身アメリカ(オハイオ州)
誕生日不明
アイタイプ
趣味組織相関図を美しくする研究。全ての事象を暫定的な情報単位に換算し、自分の脳の処理速度と記憶容量を知る。
大切なもの内容を問わず具体的な理念・眼鏡・紳士肌着
嫌いなもの無計画な者・バードウォッチャーの目・
CV幹本雄之
登場2、2 OVERTURE、Xrd(ストーリーでの客演)


概説

メーレーアクションゲーム『ギルティギア2』(および『ギルティギア2 OVERTURE』)から登場したキャラクター。

かつて人類と100年にわたる壮絶な生存戦争「聖戦」を引き起こした自立型生体兵器『GEAR(ギア)』であるが、その中でも珍しい戦闘を好まない穏健派のギア。
ジャスティスが封印されて強制命令の呪縛から解放されてい以降は、同じ自立型ギアの統率に勤め、彼らとひっそりと絶海の島群で暮らしていた。

しかし『パブテスマ13事件』によって世界からギアが消滅し始めたことで、ソル=バッドガイ(=フレデリック)に協力を要請し、やむなく表舞台に出ることを決意した。

法術をはじめとした膨大な知識を有しており、特に“概念世界「バックヤード」”に関して造詣が深く、その位相の検索プログラムを行使できることから、物語でも重要な役割を担っていく。
ソルのことは喧嘩っ早い粗暴な面を非難する一方で、法術学者として「君の生い立ちのファン」と皮肉を交じえつつ認めている。

小人型のホムンクルスを数体制作し、自分の小間使いとして使役している。

容姿

ずんぐりむっくりな体型に、大きな顎を持った頭、腕に蝙蝠状のを持つ。
頭から生えた触覚と、大きくとんがった耳、緑色のの生えた皮膚、鋭い爪など、当人曰く「ドラゴン型のギア」らしい。……が、尻尾はのように短く、脚などはそのもの。そんこともあって、ソルからは“鳥”“インコ”呼ばわりされており、公式からも“インコ”、ファンからも「インコ先生」の愛称が定着している。
なお、インコと呼ばれると「ドラゴンだ」と言って怒り、訂正を求めてくる。

眼鏡、頭に学士帽、法術用の魔道書とそれを置くための譜面台、法衣の下にシャツを着て赤いネクタイを締めるなど、格好は学者そのもの。
紳士肌着にこだわりがあるところをみると、身嗜みには気を使っているようだ。

性格

根っからの知性肌で、常に情報を収集して自己の見識を高めていくことを至上とする。
柔軟な思考と発想力を持つ一方、頑固で融通が利かない一面がある。
ギアとして人間の粗暴で利己的な部分を嫌ってはおり、その評価値も低い。特別人間を敵視している訳ではないが、出来る限り係り合うことを避けようとする。
プライドが高く他人となれ合うことを苦手とする一方、なぜかイズナとは妙に馬が合う様子。
また決して冷淡なわけではなく、信用を置いた相手のために渋々ながら動こうとしたり、危険に突っ込んでいこうとする仲間を引き留めたりもする。

ガチガチの論理派であるため、ときに単純明快なことを見落とすこともある。
特にカイ木陰の君内縁関係で、その息子がシンだと知ったときには、それまでの冷静なキャラが崩れるくらい思いっきりびっくりしていた。

プレイアブルキャラとして

インコ鯖


戦闘中は法術によるバリアに身を包み、空中に浮いている。
浮いている間は脚で譜面台を掴み、そこに魔道書を置いている。
サーヴァントは自身が統制するギアの軍団だが、見た目は動物的で刺々しさは少ない。

「本体は弱いがサーヴァントは優秀」という、典型的な戦術家タイプ。
とにかくサーヴァントに戦わせて自分は敵マスターから逃げ回るのが基本となり、対戦ではいかにゴースト(拠点ポイント)を支配して判定勝ちを狙うかがカギとなる。
低コストで優秀なサーヴァントが多いものの、優秀なサーヴァントが全体的に低耐久なのがネック。Dr.本人のスキルと合わせて戦わせることで最大限の力を発揮するため、ほかのマスター以上に戦況確認が重要となる。

関連タグ

ギルティギア
学者 ドラゴン インコ

pixivに投稿された作品 pixivで「Dr.パラダイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14882

コメント