ピクシブ百科事典

イズナ

いずな

『うしおととら』『妖逆門』に登場する妖怪。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. うしおととら』『妖逆門』に登場する妖怪
  2. NARUTO』の登場人物。→うちはイズナ
  3. 鉄のラインバレル』の登場人物。→遠藤イズナ
  4. ギルティギア』シリーズの登場人物。→イズナ(ギルティギア)
  5. 神羅万象チョコ』のトレーディングカードのキャラクター。→白面金剛九尾イヅナ


概要

大きさは小型犬くらいで体は緑色。耳がウサギのように長いイタチのような妖怪
元ネタは名前と能力から管狐だと思われる。
元々は『うしおととら』に登場する妖怪だが、『妖逆門』の原案協力に藤田和日郎が起用されたため『うしおととら』の他の妖怪とともに登場している。

うしおととら

真顔で「人間と妖怪は相容れない」と言いつつも、無邪気で人懐こく、ノリのいい性格をしているので何だかんだとたちとよく行動し、とらの悪巧みを突っ込んでは炎や雷で焼かれて黒焦げになる事が多く、まるでツッコミ漫才のコンビ。各地に75匹の眷属を持つという。
戦闘能力こそは低いが、動きは俊敏で尾が刃物の様に武器になる。人間や妖怪の体内に入る能力を持っていて、自ら「エキスパート」を名乗っている。
人間に取り憑く事が多いためその知識をかなり吸収しており、妖怪としては珍しく現代科学の用語や今時の流行などにも詳しい。
婢妖に取りつかれた杜綱悟を助けるため、東の長に遣わされてに協力して以来を気に入り、友達になった。
の父・紫暮ともウマが合い、共にソバを仲良く食べている。おソバの上に乗った卵は混ぜる派らしい。
獣の槍に魂を捕らわれて正気を失い獣と化して暴れ回るから重要な櫛を奪ったり、西日本の妖怪たちだけで白面に挑もうとする神野たちの足止めのため仕掛けた結界自在妖・間鎚に憑り付いて操り逆に利用するなど要所要所で活躍している。

妖逆門

この項目は書きかけです

pixivに投稿された作品 pixivで「イズナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503606

コメント