ピクシブ百科事典

怪盗サイレーン

かいとうさいれーん

アニメ『鋼の錬金術師』(2003年版)のオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:白石美帆
2003年版アニメ第10話に登場した女怪盗

その正体は、観光地として有名な水の都アクロイアで働く金髪のミドルヘアの美女・クララ
錬金術師でもあり、錬成陣は胸元に刻まれている。使える錬金術は爆発系。

作中での活躍

あるお宝を狙っていたが、馬車についた泥を錬金術で浄化した為にルパンのライバルそっくりな刑事に逮捕され、そこから大佐によって身元確認をされ、刑事にサイレーンに狙われたお宝護衛の応援として駆り出されたエドと対決。
その場はラッキースケベに動揺したエドの隙をついて逃げたが、彼に同じ錬成陣で術を使っている事を見破られ、正体がバレる。
その後はアルの純情さを利用してのらりくらりと逃げ、看護師→シスター→教師と職を(職場を爆破しつつ)転々としていく。

こんな有様なので兄弟は「金目当てのただの犯罪者ではないか」といぶかるが、盗みの理由は金銭や物が欲しいからではなく、水位が毎年上がって水没せんとするアクロイアの街を自分が怪盗として盛り上げるため。事実、水没が確定してからは住民は次々に出て行き寂しくなっていたが、彼女が現れてからは市民は号外発行等サイレーン出現に熱狂し、彼女目当てに全国各地から記者や観光客が集まっていた。その為、住民からは「街の恩人」と感謝されている。
最終的にアクロイアに来たエド達によって待ち伏せされ、「ゼロタイムの町で賢者の石を研究している」という情報を与え一度は警察に捕まったが、エド達がいなくなった直後に護送の馬車を爆破して脱走、再び怪盗として街を活性化させている。

関連イラスト


関連タグ

鋼の錬金術師 怪盗 美女

pixivに投稿された作品 pixivで「怪盗サイレーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 781

コメント