ピクシブ百科事典

愛染国俊

あいぜんくにとし

国俊(二字国俊)が打った刀。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 鎌倉時代後期刀工・国俊(二字国俊)が打った短刀本項で解説する。
  2. 1の刀剣を元に擬人化した、オンラインゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士。→愛染国俊(刀剣乱舞)


概要

鎌倉時代・後期に京都で活躍した来派の刀工、国俊(二字国俊)が打った刀。
「国俊」と二字に切られた銘を持つ。
名前は茎の表に仏教愛染明王が彫られていることに由来する。
元々、豊臣秀吉が所蔵していたが、その後徳川家康の手に渡り、
元和2年(1616年)大坂の陣で戦功のあった森忠政(森蘭丸の弟・千丸)に下賜された。
忠政の死後、遺物として3代将軍・徳川家光に献上され、後に前田家へ贈り物とされた。
現在は重要文化財に指定されている。

関連タグ

日本刀 短刀

外部リンク

愛染国俊 - 名刀幻想辞典
愛染国俊 - 日本刀買取専門店 つるぎの屋

pixivに投稿された作品 pixivで「愛染国俊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19638307

コメント