ピクシブ百科事典

放たれた友情だじょー

ほんとうのともだちのいみをおもいだせ

絶体絶命でんぢゃらすじーさんの大長編第2作。
目次[非表示]

概要

初出は月刊コロコロコミック2006年9月号で単行本12巻に収録。
本作のテーマは「友情」。科学者ジョウと彼の親友ユウの物語を軸に、本当の友達とは何かをとく。

登場人物

本編からの人物

おなじみ主人公。今作ではゲベに強制されながら腹痛を訴えた最強さんの体内に入って真相を確かめにいく。

おなじみツッコミ役。今作ではじーさんとの合体技(?)を披露する(というかさせられる)。

じーさんのライバル。今作でもジョウに椅子にされるなどろくな目にあっておらず、前作同様オチでは存在をすっかり忘れられてしまっていた。
しかし冒頭ではエネルギーを吸い取られた状態の最強さんに勝利しており、この時は本人もそのことを信じられない様子であった。

じーさん家のペット。「最強さんの腹痛の要因(バイ菌)をやっつけてこい」と、じーさん達を最強さんの体内に強制的につき飛ばした。

史上最強のおじさん。しかし本作ではジョウによって体内からエネルギーを吸い取られてしまい、校長よりも弱くなってしまった(なお、本人は腹痛だと勘違いしていた)。

本作では1コマのみの登場となった(そうなった経緯は本作の手前に掲載されている「もうすぐ大長編じゃっ!」で描かれている)が、大長編の中のちゃむらいが見つけられないというハガキが殺到したため、12巻のカバー下の表紙にてじーさんがヒントを出している(実際、ちゃむらいはかなりわかりづらい所に描かれている)。

本作のキャラクター

科学者。10年前に死去した親友のユウの強い男になるという夢のため、最強さんの体内からエネルギーを吸い取り、ユウを蘇らせた。

ジョウの親友。10年前に死去したが、ジョウの手によりロボットとして、強い男になるという夢とともに復活した。

  • メカ軍団
ジョウが作った護衛のメカ軍団。前作セルフワンのロボットとは違い、人型ではない。

用語

  • 放たれた友情

ジョウがあっさりと教えたユウの弱点。
ジョウ曰く「話したところで分からない」らしいが…。

余談

作者曰く、今作は「生まれて初めて自分で描きながら自分で泣いてしまった、個人的に凄い話」と『この本の中で作者が好きな話ベスト3!』でコメントしている(因みに堂々の第1位にランクインしている)。

関連項目

絶体絶命でんぢゃらすじーさん
かこんでいたのにひどいや…前作
どっちみちおっぱい♡…次作

関連記事

親記事

でんぢゃらすじーさん大長編 でんぢゃらすじーさんだいちょうへん

子記事

兄弟記事

コメント