ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

でんぢゃらすじーさん大長編シリーズの記念すべき第1作。初出は月刊コロコロコミック2005年9月号で単行本には9巻に収録。
地球に現れた宇宙人とじーさんとの戦いを描く。
後の大長編シリーズと比べ、本作は明確なテーマが公言されていないが、なんでも部下任せにする敵にじーさんが自分の力で動くよう説得するシーンがあることから本作のテーマは自立と思われる。

登場人物

本編からの人物

じーさん
おなじみ主人公。セルフワンにさらわれたゲベを救うため敵の宇宙船に乗り込む。


じーさんの孫で本作のツッコミ役。

校長
自分が1番偉くないと気がすまないじーさんのライバル。本作ではセルフワンの闇玉により洗脳され、暗黒の騎士ブラック校長となりじーさんの前に立ちはだかるが、あっさり倒され、その後は爆発した宇宙船と運命を共にすることとなり、オチでは存在をすっかり忘れられていた。

ゲベ
じーさん家のペットのネコっぽい生き物。
本作ではセルフワンにさらわれてしまう。

ちゃむらい
泣き虫の侍。
セルフワンに部下にされたが、じーさんに脅かされて後退。その後クライマックスで爆発する宇宙船からじーさんと孫を救う。

近所のガキ
近所にすむ2人組の子供。
冒頭シーンでじーさん達と野球をしており、じーさんが三振した際、じーさんのチューしてやるからヒット打ったことにしてくれ!という要求に対し、ヒット打ったことにしてやるからチューはしないでくれ!という条件の元許可した。

本作のキャラクター

セルフワン
全宇宙征服を企む宇宙人。闇の大魔王の封印をとく闇の石板を探すため、地球に降り立った。

ロボット軍団
セルフワンの部下のロボット。

闇の大魔王
本作のラスボス。闇の石板が集まったことにより封印が解かれ、動けるようになったが、その正体は冒頭から解説テロップを囲んでたウインドウ
ただ殺すのではなく利用して殺すことをモットーとしている悪党。

関連項目

絶体絶命でんぢゃらすじーさん

関連記事

親記事

でんぢゃらすじーさん大長編 でんぢゃらすじーさんだいちょうへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かこんでいたのにひどいや」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95

コメント