ピクシブ百科事典

校長(でんぢゃらすじーさん)

こうちょう

校長とは、絶体絶命でんぢゃらすじーさんに登場するキャラクター。
目次[非表示]

ワガハイの概要じゃい!

CV:平野俊隆(第1期)→千葉繁(第2期以降、OVA)、小柳基(うごくまんがデジコロ)

の通っている小学校の校長(子供の頃は学級委員長)でじーさんのライバル。
一人称は「ワガハイ」で語尾に「じゃい」をつける。
削った鉛筆みたいな頭に額の巻き毛と二本のどじょう髭(上記の子供の頃の時点で既に生えていた)が特徴でじーさんを髭の量がエラそうという外見的な理由で一方的にライバル視している。
しかし、じーさんとは一緒に遊んだり、時には仲直りしているので、関係は決して険悪ではない。
決して極悪人ではないのだが自分が世界で一番偉くないと気が済まず、自分より偉い人や気に入らない者を殺すこともある自己中心的な性格。
しかし最近ではやられ役や小悪党になることが多く、挙句の果てには死亡することもある。

全国ふくびき大会で84位の実力を持っていたり(孫曰く「すごいのかどうかわかんねー」)、かつては「すごろくリーダーバカマヌケウンコ」と尊敬されていたり(孫曰く「殆ど悪口だ」)と、妙な武勇伝が多い。
普段は愚鈍な態度が目立ち、基本的にかなりアホでセンスも変だがじーさんを倒すために大型ロボを作るほどの技術力はあるのだが、コックピットのサイズを考えていなかったためにお尻にすっぽりハマり、最後は頭にハマるなどどこか欠陥がある。
また、一応教師であるためか学力は確かなようで、じーさんと孫の前で見事な英会話を披露し、二人を驚かせた事がある他、他者を上手いように騙す狡猾な一面も伺える(その後で必ずしっぺ返しがくるが)。

小学校では校門に立つなどして生徒を見守ったり、持ち物検査をしたりと校則に厳しい先生らしい行いをするが、校則を破った生徒(主に孫)に100回殴る、尖った頭でドリル頭突きを喰らわすといった暴力的制裁を行う、持ち物検査を「自分へのお土産を持ってくること」だと思いゲームや漫画を持っていないと逆にキレる、毎日朝礼で「ワガハイってエライよねぇ~」を最悪給食の時間に食い込むくらい延々と繰り返す、生徒から集めた給食費を全て課金に使う、そもそも学校に先生が一人もおらず授業は全部休み時間(『絶体絶命』のみ。『邪』ではちゃんと雇っている)など、その所業は教師の風上にも置けず、品格も無に等しい。

戦闘力に関しては、登場初期はしばしば孫やじーさんを死亡させ、特に初登場回でじーさんをはるかに超える強さの数値を持っていたり(アニメ版ではそれを解説する校長が完全にあの兄貴だった)、バズーカなどの凶器で襲いかかったりなど元々決して弱いわけではないが、話が進むにつれ弱体化し、近所に住む子供に2秒で返り討ちに遭っている(当初は孫にも恐れられていたが次第に彼を含めた周囲の人物にもなめられるようになり、ある話ではついに孫にも負けた)。

『邪』以降では、コウテイ(漢字で書くと「校庭」)というブルドッグを飼っており溺愛しているが、全くなつかれてない。また、学校以外でじーさん達の前に現れた際は変な効果音を出し「ヒマ」と表記されている。

最多死亡率

さよなら校長


初めて死亡したのが第2巻の「最強さんじゃ!」で、このときはじーさんが最強さんを校長より偉い人といったため校長は最強さんをブチコロそうとしたが、返り討ちに遭って食べられてしまった。
あとは調子に乗る、もしくは自業自得で死亡することもしばしばあった。たとえ死亡しなくてもボロ負けや酷い目にあってばかりだが、その分復活も早い。
あまりにも死にすぎているため、じーさんらに死んだことにされたり開始早々殺されたりしても「いつものことか」と片付けられたり、忘れられたりすることが多い。
『邪』でも、第2巻で油断したじーさんからサイフを奪いじーさんに対して「油断するほうが悪いんじゃーい!」と嘲笑ったが自身もよそ見していたがために交通事故に遭い(しかも1発だけでなく何発も)、最期はじーさん達に見殺しにされるという自業自得とも言える結末を迎えた。

大長編での扱い

大長編でも死亡することが多く、死ななかった回でもろくな目に遭ってない。
こんな風に↓

  • 大長編第1回:喰らうと悪堕ちする兵器「闇玉」を喰らい、「ブラック校長」にパワーアップ(?)するが、直後に瞬殺される。
  • 大長編第2回ドクター・ジョウの椅子として寝返り、じーさん達の邪魔をするため駆けつけるが、その勢いで奈落に落ちて自滅し、じーさん達に最後まで忘れられる。
  • 大長編第3回:カギとしてはめられ、そのまま放置され出番終了。
  • 大長編第4回:序盤でドルマネーに殴り飛ばされてから35ページ後に降ってくるまで出番なく、落ちてきた時には既に死んでいた。(最後の最後で孫に安否を心配されるがじーさんからは「アイツは563位だからどーでもいいんじゃね?」と言われた)
  • 大長編第5回:上記の件から作者に「どーせまた死ぬから出番なし」と言われ、駄々こねたことで1コマだけの隠しキャラになった。(「命」をテーマにしているのにギャグ的に死なせたら説得力が無いこともあるからだろう。最も、ろくな目に遭わなかったという点では一番まともな扱いかもしれないが…)
  • 大長編第6回オナライダーにボコボコに成敗された挙げ句、秘密基地の牢獄に監禁されたまま最後まで放置される。(孫にいたっては諸事情じーさんの屁で黒焦げにされて、校長同様に最後まで放置された)
  • 大長編第7回:開始早々じーさんをボコボコにしようとしたが、お友だち軍団によってボコボコにされる。
  • 大長編第9回:鼻くそを食わされて顔を伸ばされたため、じーさんとともにの拠点に突撃するが、一人罠に引っ掛かり爆殺され、その後拠点が自爆した後も最後まで皆に忘れられる。
  • 大長編第10回:敵として登場した次のページ(というか次のコマ)でじーさんに瞬殺される
  • 大長編第11回:厳密には本人ではないが、読者投稿のキャラとしてじゃらす城(敵)の門番・校長じーさんとして登場。話し合いで戦争を終わらせようとしに来たでかいケツじーさんをバカにして嘲笑ったため激怒したじーさんに(戦わないと約束したにもかかわらず)ケツアタックで吹き飛ばされた
  • 大長編第13回:じーさんバトルタワーで、今作のゲストキャラを待ち構える1階の番人として登場したが、彼に説教され戦わずに敗北、その後じーさんとゲストキャラの戦いを見学するが、途中でゲベの必殺技により時空の狭間に吸い込まれ、行方不明になる。
  • 大長編第14回:前編で作中行われた犯人探しゲームで、勘と私怨だけでじーさんが犯人だと一方的に決めつけた(間違った推理をした)ためズノー博士に殺害され、後編でも死んだままにされた。

とはいえ死亡した人物の殆どが何事もなかったかのように登場・復活する作風故にそこまで問題はないが何度も同じパターンで死亡するところが多く学習能力がないにも程がある。
また、一部ではモブでさえも登場していない大長編もある。

新校長

新しい校長


じーさんの10巻で校長が太ったためダイエットを挑戦した結果、
なぜかイカのような得体のしれない謎の生物に生まれかわっていた。しかもテロップに
「次回からは新しく生まれかわった校長の活躍にご期待ください(※マジで)
と書いてあり、その次の回でそのままその姿で登場した。
しかも、前の校長はじーさん曰く死んだことにされた(孫の回想からも校長が死亡しているシーンばかりが映っている)。
しかし、新しい校長はいろいろな意味でおかしな行動ばかりするため(例として登場して3ページで(または5分おきに)溶ける、台詞が横倒しで「ぴにょーむぴにょーむ。すけるとんぶらじゃー。」、頭からマヨネーズを噴射する、歩いた後が粘つく、いきなり増えるなどなど…)、じーさんは「やっぱり前の校長のほうがいいな」と思い『第1回校長人気投票』として戻すか決めることになった。
最終的に、人気投票の結果「前の校長のほうがいい」が1位になったため、いつもの姿に戻ることができた(作者は結果にかかわらず元に戻す気だったらしい)。

映画館と化した校長


しかし、いろいろあって次の話で何故か映画館になっていた。本人は最強の体を手に入れたと思い込んでいたが、出番なくてイラついていた最強さんにあっさり破壊されてしまった。
次に登場した話では完全に元に戻っている。しかしその翌年…。

ワガハイの余談じゃーい!!

作者によると、校長の性格は作者が新人時代に描いた漫画「探偵少年カゲマン」に登場する「怪盗デ・アール」が元になっている。

初登場話のじーさんと張り合う場面で見ていたテレビ番組は、東京フレンドパークの「ビッグチャレンジ」(パージェーロ!パージェーロ!のコールでおなじみのダーツのあれ)。漫画では本当に「パージェーロ!パージェーロ!」と書かれている。
当然ながら、アニメでは商標の関係でカットされている。

GBAのゲーム『史上最強の土下座』の続編である『絶体絶命でんぢゃらすじーさん〜泣きの1回 絶対服従ばいおれんす校長〜ワガハイが1番えらいんじゃい!!〜』にて主役となったが、最初の選択肢によって開始1分でエンディングが見れるというある意味すごいクソゲーだった。(ちなみにこれが発売された際、作者自身が「悪ふざけだと思った」とコミックス第4巻のカバーをとった表紙でコメントしていた)

また、このゲームでは次世代ワールドホビーフェアの配布限定で、通常のプレイでは登場しない連載前のデザインの校長を手に入れる事が出来た(現在は入手不可能)。

連載前校長


その校長は、とんがり頭にバンダナを巻いたかのような形の髪で、顔の至る所にゲベの髭を彷彿とさせる毛が生えており、背が高く手足も長いという、自称永遠の二番手ライバルを思わせるようなデザインとなっている。
このデザインの校長に対して作者は「多分、一発キャラで終わっていたんじゃなかろうか・・・」と、自身のブログでコメントしていた。

また、自身が主役を勤めた話もいくつかあり、じーさんが全く登場しない話もあるほか、特別編「絶対服従ばいおれんす校長の教頭では彼の意外な優しさが描かれている。

デュエル・マスターズVSRF第16話『デュエんぢゃらすじーさんなの邪』では、なんとナレ太郎からナレーションの座を乗っ取った。CVがベテランのナレーターでもある千葉繁氏だからこそなせる技であろう。
もちろん原作の死亡芸も健在であり、ナレ太郎の反撃で灰にされている。

コロコロアニキで連載中のでんぢゃらすリーマンでは、じーさんの後輩のこちょ田くんとして登場。いつも困り顔でほとんどしゃべらないコミュ障だが、SNSでは原作通り態度がでかいためにフォロワーが少ない。
ちなみに初期設定ではホームレスだった。

ワガハイの関連タグじゃーい!!

絶体絶命でんぢゃらすじーさん でんぢゃらすじーさん邪
ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン
校長先生

ケニー・マコーミック…同じく大体毎回死ぬ人。

関連記事

親記事

絶体絶命でんぢゃらすじーさん ぜったいぜつめいでんぢゃらすじーさん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「校長(でんぢゃらすじーさん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80141

コメント