ピクシブ百科事典

ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン

くそながいなまえ

でんぢゃらすじーさんにおける「校長」の新しい名前。
目次[非表示]

事の始まり

絶体絶命でんぢゃらすじーさん」単行本14巻にて、重大な話があると校長から聞くじーさん

「校長」は、学校の全てをまとめる役割で先生よりもエラい立場なのだが、彼の学校は何と、「その先生が一人もおらず、一日ずーっと休み時間」という信じられない事実だった。(※一応、孫もその学校に通う一人の生徒だが、孫曰く「・・・今まで学校のシーンがほとんどなかったからまったく気づかなかった・・・」と真実を受け入れ難い表情で悟った。)

そこで、校長はじーさんに学校の先生を勤めてほしいと思い、改めて願いを聞いたじーさんは、今の学校の先生に足りない物、そして生徒に対する情熱や愛を語り、それに感動した校長は、彼を学校で一番エラい立場にしてやると大サービスをする。

するとじーさんから衝撃の言葉が告げられた。

「じゃあ校長はクビだな」

気づくようで気づかなかった重大なミスを犯し、その時点で彼は「校長」という名前が無くなったので、じーさんと孫は新しい名前を考え始める。

そこに、ゲベが「クソゲロ」という名前を提案したが、当の本人は勿論これには反対する。

じゃあ仕方ないから読者に決めてもらおう!!

というわけで・・・

大好評!「校長投票シリーズ」、第2弾のテーマ「どっちの名前がいい?校長名前人気投票!!」

・・・が開催された。

これは前回、校長の姿は新しい奴になるか、今のままになるかというテーマで現実(リアル)の読者に決めてもらい、作者自身も取り返しがつかないコトを覚悟で行ったガチの公式によるもの。

前の投票数がクソみたいに多かったので、さらにその人気コーナーを継続するかの如く、第2弾は新しい名前を決める企画である。

結果は?

同タイトル15巻目の登場人物紹介では「校長(仮)」と記載されていた。

彼は自分の名前が「クソゲロ」になろうとも、読者が決めた結果を受け入れるきれいな校長であったが・・・


ランキング名前候補投票数補足
1位ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン1588票
2位クソゲロ1118票
3位校長646票
4位パンツくさ太郎518票
5位近所のバカ344票
6位松本しげのぶ292票「松本しげのぶ」は漫画「デュエル・マスターズ」の作者名をそのままとり、曽山氏(じーさん)もコレが1位になると予想していた。
7位ひろし226票
8位ぬちゃぬちゃ209票
9位西園寺ヒカル204票曽山氏が一番お気に入りの候補名で、人気のなさに当時ガッカリしたという。
10位116票
本当は「校長」か「クソゲロ」のどちらかを決めるハズが、8つも関係のない候補の中の、妙に長いインパクトあるモノが1位に選ばれてしまった。

こうして馬鹿に長い名前が決まったさすがの本人も、これには頭にきてしまいゲベと一緒に逃亡してしまう。

その後じーさん達の必死の捜索をよそに、ゲべに食われてひっそりと死亡した。

ありがとう!
ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン!!
さよなら!
ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン!!

キミの名前はきっと忘れないぜ!!
ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン!!

その後

読者が決めた事なので、当然公式でもしばらく「ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン」と呼ばれ続けた。

しかし長すぎるゆえ、生みの親である曽山自身も困る理由に原作で呼ばれたのはほとんど少なく、話が進むにつれ「元・校長」となり、第2期にもあたる「でんぢゃらすじーさん邪」では、元の「校長」に戻っていた。

最後に

吾輩は校長じゃい。名前は決まっていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7165

コメント