ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初出は月刊コロコロコミック2009年10月号。単行本19巻収録。
これまでの大長編シリーズでは友情や夢、お金といった子供達の生活上身近なテーマを取り上げてきたが、本作のテーマはであり、ペットの飼育放棄という重い社会問題を取り上げたシリーズの中でも異色作となっており、原作者曽山一寿本作を読んで誰かが傷ついたりしないかといった危ない橋を渡ってでも描きたかった作品と公言している。
また、仲間という副テーマも取り上げられている。
本作は絶体絶命時代の最後の大長編となったが、大長編シリーズは邪以降でも紆余曲折をえながら継続している。

登場人物

本編からの人物

じーさん
おなじみ主人公。今回はステイルの店を訪れる。

ゲベ
じーさん家のペット。本作では準主役的ポジションを務める。また珍しく(今に始まったことではないが)流暢に会話している。
柴田の救出のため、夜中にステイルの店へ侵入する。


おなじみツッコミ役。

ちゃむらい
今回はじーさん達とともにステイルの店を訪れる。

元・校長
これまでの大長編シリーズにおいて散々な扱いを受けてきた彼だが、本作ではついに1コマのみの出番となってしまった。
その理由は曽山氏いわく、「どーせ出ても死ぬから」のこと。

本作の人物

ステイル
じーさんの街に新しくできたペットショップの店長。
エプロンとネコ耳カチューシャを付けた大柄な女性。
表向きでは常に笑顔で接客する気前の良い店長だが、しかしその裏で狂暴な化け物をいくつも飼い慣らし、売れ残った犬や猫の殺処分を平然と行なっていた外道。
上記の通り歴代の大長編シリーズの悪役の中でも特にえげつないことをやっており、雑誌掲載時にもシリーズ最凶の悪と称された。

柴田
ステイルの店で売れ残った柴犬
ゲベにより救出されるも、その直後、ステイルに撃たれてしまう(その後、終始動くこともなかったため彼に殺されてしまったかに思われたが、物語の終盤で生存していることが判明した(ただし、ゲベの夢の中での出来事なので、本当かどうかは不明)。
名付け親はゲベで、理由は柴犬だから。

デビルキャット
ステイルの化け物コレクションの1体。その正体はゲベの父親。

関連項目

絶体絶命でんぢゃらすじーさん
4位のお金と563位のアイツ…前作
無敵のヒーローオナライダー…次作

関連記事

親記事

でんぢゃらすじーさん大長編 でんぢゃらすじーさんだいちょうへん

子記事

兄弟記事

コメント