ピクシブ百科事典

敦盛

あつもり

平安時代末期に登場した平家の武将。または、それらをモチーフとした能・幸若舞・謡曲の演目名、キャラクターなど。
目次[非表示]

平安時代末期に登場した平家武将。→平敦盛

  1. 幸若舞謡曲の演目名。
  2. 遙かなる時空の中で3』の登場人物。
  3. モノノ怪』のエピソード「のっぺらぼう」に登場する仮面の男

演目「敦盛」

 平敦盛の最期は『平家物語』の名場面として有名であり、能・幸若舞・謡曲の演目となっている。

幸若舞(あらすじ)

 治承・寿永の乱(源平合戦)の一戦である須磨の浦における「一ノ谷の戦い」で、敗走をはじめた平家軍の武将平敦盛は、退却しそびれ、源氏方の武将熊谷直実に一騎討ちを挑まれ、応じざるえなくなってしまう。
その勝負には百戦錬磨の直実が勝ち、敦盛は頸を討ちとられる。
 そのとき直実は敦盛がこの一ノ谷合戦で討死したばかりの息子・熊谷直家と同じ16歳と知り、思わず面影を重ね合わせてしまう。
彼は将来ある若武者敦盛を討ったことを悔やんでも悔やみきれず、出家することとなる。

「人間五十年、下天(化天)の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」


 直実が出家して世をはかなむ中段後半の一節。
「下天(化天)」とは、六欲天(いまだ欲望に捉われる6つの天界)の最下位の世で、一昼夜は人間界の50年に当たり、住人の定命は500歳とされる。
意味は、「人の世の50年の歳月は、下天の一日にしかあたらない」である。
 織田信長がこの節を特に好んで演じたと伝えられている(参照『信長公記』)。

 二番目物、公達物。
平家物語の「敦盛最期」の章をもとに、世阿弥が編作した。
 出家した熊谷直実が平敦盛の菩提を弔う秋八月でのお話。

関連タグ

歴史創作 和風

pixivに投稿された作品 pixivで「敦盛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 450509

コメント