ピクシブ百科事典

早乙女正美

さおとめまさみ

「ブギーポップ」に登場

概要

全ての「生」に対して憎悪を内包した存在。
人間ながらも「マンティコア」に魅了され協力することとなった。
マンティコアを戦いの道具、として扱いなんの愛着もないようだったが、最終的に守る意思を見せていた。
最後はかばい、その攻撃を自ら受け死亡した。
後の作品にて明かされるが、人喰いの怪物「マンティコア」は人間が対処のできる悪であり、然したる脅威でもなかったが、彼が知恵と愛情を与えてしまったために人間が対処できない悪へと昇格させてしまった。

彼自身、怪物を魅了するという特異なカリスマ性があり、それはマンティコア単体に限った話ではなく、世界中に広まる悪を魅了し、指導する可能性を持つ脅威性を秘めた世界の敵であったことが語られている。
彼の幸運、もしくは不運は彼が“全ての「生」に対して憎悪”という一時の厨二病発症中に本物の怪物に出会ったしまったことであり、この出会いがなければこの思想は恥ずかしい過去となり、普通の青年になる可能性が大きかった。

尚、作品が続刊するたびに強い敵が増えるこの手の作品特有のインフレの中で、続刊の度、彼は予知能力や読心術、監視衛星を介してもその存在と脅威性がブギーポップ以外に認識不可能だったという最強規模の隠密性を身に着けていた可能性が浮上してしまっている。

関連タグ

ブギーポップ ブギーポップは笑わない マンティコア

pixivに投稿された作品 pixivで「早乙女正美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3448

コメント