ピクシブ百科事典

東八郎

あずまはちろう

人名として複数の名称が存在するための分割記事。

東八郎は、1.昭和を代表する日本のコメディアン・タレント、2.漫画『8マン』の登場人物。

日本のコメディアン・タレント

本名:飛田義一(ひだ ぎいち)
1936年5月31日、東京府東京市浅草区 (現・東京都台東区浅草) 出身。
父は岐阜県大垣市の出身で皇宮警察官だった。
戦時中に家族とともに名古屋市に疎開。
中学卒業後にコメディアンを志して歌手の田谷力三に弟子入り、そして浅草公園六区の浅草フランス座などで活躍する。(この頃のフランス座は、関敬六、長門勇、渥美清伊東四朗など後に有名になったコメディアンたちが出演していた。)
1964年に小島三児、原田健二と共に『トリオ・ザ・スカイライン』を結成し、テレビに進出。
1971年に解散後は単独で活動。
晩年は『志村けんバカ殿様』の家老役や額に「光」のシールを貼り、BGMにメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が流れる「ヨード卵光」のコマーシャルで有名。

1986年に芸能人養成のために私塾「笑塾」を開いたが1988年7月6日の昼過ぎ、東は自宅にて眠っている最中に突然脳溢血を起こし救急車で病院に搬送、しかし意識が回復せず、同日15時30分に52歳で急逝。

持ちネタは「頑張れ、強いぞ、僕らのなまか〜」(『赤胴鈴之助』のテーマ曲の替え歌)

家族は妻との間に3男2女があり、次男はお笑いコンビ・Take2東貴博、三男はタレントの東朋宏
東の1番弟子に萩本欽一がいる。

『8マン』の登場人物

CV:高山栄(テレビアニメ)/演:宍戸開(実写映画)

私立探偵・東八郎。
実は8マンの仮の姿。生前も同じ名前で刑事だった。
秘書のさち子が給料の心配をしているほど仕事の依頼は少ない。
しかし、多いと本業である「警視庁の秘密捜査官」に差し支えてしまう。

pixivに投稿された作品 pixivで「東八郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント