ピクシブ百科事典

CV:楠木ともり

概要

キラッとプリ☆チャンの主人公桃山みらいの妹。小学生(学年等の説明は下記)で、放課後はダンスと英会話の教室に通っている。みらいに対して皮肉を言ったりと素直でないところを見せるが、動画を見たりライヴに行ったりなど、なんだかんだ言ってみらいのことが大好きなツンデレ屋さん。

プリチャンワンドロ 50話その2
プリチャンワンドロ 66話その1



43話で初回の頃と比べ髪の量が増え、ツインテールが垂れ下がっている。だが、第49話でメイン画像の髪型のシーンがあった後、一時的に戻ったことがある。

素敵な小柄な妹
妹山ちゃん


(左:初期の髪型/右:49話以降の髪型)

おしゃまトリックス(以降おしゃま達)の2人とは同じ学校のクラスメイトにあたる。学年はシーズン2初期での姉の台詞から高学年(となると恐らく5年)とのことで、ライバルゲーム&アニメ主人公妹キャラよりは年上だと思われる(但しあちらはシーズン2で1年飛ばしされたため追いつかれたのかも)。

おしゃま達の傍迷惑なイタズラには腹に据えかねて、彼女達に毎日注意喚起しているひかりだが、おしゃま達のことを同時に何かと気に掛けている言動も多数ある。
なんだかんだ言って、ひかりもおしゃま達の2人と友達になりたがっている。

プリチャンワンドロ 81話その2
プリチャンワンドロ 89話その2



おしゃま達から「アイドルやらないの?」と聞かれると「見てるだけで十分だから…」と固辞している。自分はアイドルの才能では姉に及ばないと遠慮しているからか。

シーズン3では112話から登場。
この回で頭のツインテールの大きさが更に大型化して身長も伸びた姿で登場し、キラッチュにマスコット試験に向けた予習に付き合っている。

123話ではバグッチュを巡っておしゃまがルルナから逃げ回っている際に桃山達の自宅であるケーキ屋「パティスリーラペーシュ」に逃げ込み、丁度其処でケーキを作っていたひかりとキラッCHU達と鉢合わせになった上にルルナがその店に到達。おしゃま達は尚も逃げ回ってのその際にひかりやキラッチュ達も巻き込まれて一緒に逃げ回る事になってしまう。
そうしておしゃま達の秘密基地やドリーミーライスエリアを駆け回り、最終的にはルルナとの問題が解決してマスコットやプリ玉goをゲットして喜ぶおしゃま達を横目に、ひかりは"おしゃま達はライブしないの?"っと言う。
その発言におしゃま達はライブに興味を持つ事に、しかし歌も踊りも下手な彼女達はひかり泣きつくのであった。

プリチャンワンドロ 123話



そして132話にておしゃま達のバグッチュの危機と其れの回復方法を知ったひかりはおしゃま達のライブデビューに向けた全面プロデュースを行う事になり、ダンスや歌の練習を始めるも、どうも乗り気にならないおしゃま達にヤキモキしながらも訓練1日目を終える。
帰宅後にひかりはその事を姉であるみらいに愚痴交じりに言い、その姉妹の会話の中でひかりは"おしゃま達が楽しく思える様にすればいい"とのみらいの助言を元に訓練2日目では体育で習った運動を元にしたダンスレッスンやプリたまgoを用いた音楽の作曲により、徐々におしゃま達の士気も上がってひかりの指導を聴く様になる。

そうして訓練3日目、お手製のバグッチュクッキーを手に体育館に向かうひかり。
しかし、其処にはおしゃま達の姿は無く、プリたまgoも置きっぱなし…
この事にひかりは"おしゃま達は何もかもどうでもよくなって逃げだした"っと思い込み、直後に合流して事情を知ったみらいから"友達なら最後まで信じてあげようよ"っと助言を受けるもひかりは自分の気持を抑えられなくなって体育館から飛び出してしまう。

しかし飛び出した先でひかりはおしゃま達と出会って其処で彼女達は逃げ出したのではなく、より良い練習場所を探していただけだった事を知り、ひかりはおしゃま達に謝罪&特訓を無事再開しておしゃま達のライブデビューに向けた全行程を終えた…っと彼女達は思っていたのだが、ココでひかりがおしゃま達のデビューライブ会場を押さえてなかった事が発覚。しかし、其処はソルルとめが姉のお陰で無事おしゃま達のデビューライブを成功させる事に成功するのであった。

関連タグ

真中のん前作主人公の妹。同じくよくできた妹である。
ツンデレ

関連記事

親記事

キラッとプリ☆チャン きらっとぷりちゃん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桃山ひかり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 769586

コメント