ピクシブ百科事典

桐嶋郁弥

きりしまいくや

桐嶋郁弥とは、『ハイ☆スピード!』及び『Free!』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

誕生日3月3日
身長150cm(中1)→176cm(大1)
身長42kg(中1)
趣味ヘッドホンで音楽を聴く
好きな食べ物エビフライ、甘い卵焼き、ピスタチオクリーム
嫌いな飲食物牛乳、ピーマン
好きなものゆるキャラ
憧れの人桐嶋夏也
イメージカラーレッドパープル
イメージアニマルベルーガ
専門ブレコンメ
CV内山昂輝古城門志帆(小学生時代)


小説「ハイ☆スピード!」では、2巻に登場。岩鳶中学校に通うと同学年であり、水泳部に所属。
水泳部部長の桐嶋夏也の弟。

繊細で聡明、感覚が鋭い。ブラコン
社交的ではなくクールな印象だが、実は感受性豊かであり、恥ずかしがり屋で泣き虫、心を開けば結構ちょろい
礼儀は正しく所作は丁寧、真面目で几帳面な性格。自己管理は厳しいが、自分を追い込みやすい一面も。

小学生の頃から板東SCに通っており、兄夏也に憧れ水泳を始める。「兄と一緒に世界を目指す」のが当時の夢。
しかし「兄がいればそれでいい」とまで言う弟の依存を危ぶんだ兄から突き放されたことに悩み、精神的に不安定になっていた。
中学で遙たちと出会い、メドレーリレーを経験したことで仲間がいる楽しさを知る。


アニメでは、「劇場版ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」にて初登場。「劇場版Free!-TimelessMedley-」2部作、「特別版 Free!-Take Your Marks-」にも出演。遙の退部などでチームがバラバラになった後は、中学2年の春に兄と共に水泳留学のため日本を離れアメリカ留学し、高校3年で帰国後は潮音崎高校に通っていた。

実力派選手だが、個人メドレーしか泳がない。国内での記録はほとんどないが、帰国後高校3年で初めて出た競技会にて「須田東の金城」と「大森学園の寺島」を下し、いきなり大会記録を更新し優勝した。
第3期である「Free!-Dive to the Future-」でTVシリーズ初登場。霜狼学院大学に通う1年生。

得意種目はブレだが、他の泳法もマスターするオールラウンダー型。
体格はスマートだがしなやかな泳ぎが持ち味であり、フリーが遙に似ている。
原案ではもう一人の「天才」とされ、主要キャラの中では世界に最も近い実力を持ち、その才能を夏也や遠野日和ら周囲から大きな期待をかけられている。

高い実力を持つが、精神的な原因により呼吸器の発作に苦しむ。留学していたアメリカでは酸欠事故を起こして死にかけ、その後も入院していた時期がある。
詳しい経緯は不明だが、以前の自分の未熟さを自覚し、高校3年で帰国した頃には心を閉じた状態になっている。夏也からも距離を置かれている。電話で競技会の結果を兄に伝える時は嬉しそうにしていた。

水泳部の解散については遙達は悪くないと理解しており、真琴から退部を聞かされた時は真琴の妹たちを気遣っている。
ただ、人間関係が崩壊していくのを何度も目の当たりにし、夏也や日和からは過大な感情と執着を向けられ、病を経て感情を押し殺すようになる等、色々あって友達というものがよくわからなくなっているらしい。

その他

  • 授業をちゃんと聞いておけば成績優秀。
  • 闊達な兄と髪質や雰囲気は違うが、大きな目に長いまつ毛はよく似ている。
  • 兄の呼び方は幼少期の「兄ちゃん」、突き放されてからは「兄貴」、原案では「ナツニイ」。
  • 母はいるが父は不明。母親はやや郁弥を持て余し気味。居間のテーブルで父親(家長)が座る席に夏也が座る描写がある。
  • 岩鳶の新築住宅の他、古風な日本家屋を桐嶋家が所有している?
  • 脱いだ物をきちんと畳む、文章の段落を変える時は1文字開ける、自室は整理整頓等わりと細やかで几帳面。
  • 動物で飼うならリス。理由は「可愛いから…」。
  • スマートで美しい体つきだが、キック動作で磨かれた足にはしなやかな筋肉が乗る。


なお、三期六話では別人のように陽気に「幼稚園まででは岩鳶にいた」と語る回想があるが、郁弥は最近(中2春)まで岩鳶にいたはずでそれ以上いけない

関連イラスト

おもに旭郁
SUPERCOMICCITY26」新刊サンプル


ikuya
*:・


関連タグ

ハイ☆スピード! Free!
桐嶋夏也 七瀬遙 遠野日和 椎名旭
桐嶋兄弟 岩鳶中学校 

余談

なお、桐嶋夏也と共に名前を間違えられやすい。

× 桐島 郁也
○ 桐(3月生まれのため?)

関連記事

親記事

ハイ☆スピード! はいすぴーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桐嶋郁弥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3506785

コメント