ピクシブ百科事典

水生のお凛

みぶのおりん

フロム・ソフトウェア開発のアクションゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に登場するボスキャラクター。
目次[非表示]

ねえ、御仁…
作左様は、いずこですか?

概要

水生村の奥に続く道の半ばに立ち、ひとり三味線を奏でる深編笠を被った女奏者。
水車小屋から道なりに進んでいくと、川沿いの開けた場所から三味線の音と共に彼女のすすり泣く声が聞こえてくる。
話しかけ泣く訳を尋ねると「作左」なる人物の行方が何も分からぬので悲しいのだと語り、彼のことなど知る由もないにもその居場所を問うてくるのだが、これに答えるか黙っていると…








ああ… 貴方も、うそつき…
どうして皆、隠すのですか

突如、三味線仕込まれた刀を抜き襲い掛かってくる。
その姿は妖しく朧げに光り、さらに怨霊の敵と相対した時と同じあの不気味なBGMが流れ出す。
柳の木卒塔婆の立ち並ぶ夜道といういかにもな周囲の風景も相まって、彼女が既にこの世の者ではない存在であることが明らかとなる演出になっている。

べんべん



戦闘

『葦名の底』エリアにおける中ボスの1体。
細身の刀を得物とし、流れるような連撃で相手を攻め立てる。手数が多いだけでなく火力もあり、捌き損ねるとあっという間に体力や体幹を削られてしまう。
幽霊らしく時おり身体を透けさせて攻撃を避けたり、浮かびあがるように移動するなどの動きも見せる。

基本的には弾きや下段攻撃の踏みつけなどを駆使し、体幹を削りきって倒すこととなる。
怨霊系の敵でもあるため、神ふぶきなどのエンチャントにより特攻が入り与えられる体力ダメージが増加する。同様に泣き虫も効き、最大3回まで怯ませることができる。毒に対する耐性も低く、錆丸による攻撃で中毒状態にするのも有効。

倒すと『数珠玉』とスキル『命の呼吸・陰』をドロップする。


ああ、作左様…

来てくれぬなら

せめて、代わりに…



イベント

美しい… じゃが、誰かを乞うような…
どこか悲しい音じゃった…

『葦名の底』に繋がる井戸穴の入り口には、彼女の奏でる三味線の調べに魅入られた葦名の侍『隈野陣左衛門』がいる。
彼はと出会った後、現時点では彼にしか聴こえないその音色に導かれるまま葦名の底の奥に向かい、かつて父から決して立ち入るなと聞かされたという霧深い隠し里へと進んでいく。
水生村に行くと彼女のいる道のすぐ手前で深手を負い動けなくなってしまっているのだが、この状態で水生のお凛を倒すと撃破時の台詞が変化。

ああ… 良かった…
作左様が… 代わりに、あの子を寄越してくれた…

再び陣左衛門の元に向かうと、自分の元に女奏者が現れ子守唄のような調べを聴かせてくれたこと、そして頭を撫でながら「良く、来てくれましたね」と言ってくれたことを語り、最期はに『陣左のおくるみ地蔵』を渡して安らかに息絶える。


地蔵をくるむのは、親ごころである
作左様…
どうかこの子を、この布でおくるみください
せめて安らかに命がありますよう

余談

・戦闘前の問いに対する答えは2つの選択肢があるが、どちらを選んでも襲ってくるのは同じ。

ああ…貴方も、だんまり…

逆にこちらから先制攻撃を仕掛け、戦闘に突入することもできる。

ああ…貴方も…
作左様を、隠すのですね

さらに、話しかけずに素通りしようとした場合も刀を抜いて襲いかかってくる。

見ぬふりを、するのですか…

結局どうあがいても襲ってくるので戦闘開始は避けられない仕様となっている。上記の通りそれぞれ台詞が微妙に異なるので気になる方は確かめてみよう。

・かつてのバージョンでは戦闘開始前に忍殺で1ゲージ目を削れる小技が存在したが、現在はアップデートにより修正されている様子。
また、井戸穴で隈野陣左衛門に話しかけず水生のお凛を倒すと彼に敵対されてしまうイベントに発展する。

・全体的に攻撃の出が早いうえに、連撃系の攻撃が多いため、苦難厄憑モードであれば、弾きを一回でもミスってしまえば、そのまま体力を削られると同時にあっという間に体幹を崩され、死の危険に晒される。さらに厄介なことに、連撃のテンポが一回目と2回目で違うこと、非常に高性能な回復狩りといった諸々の要素も合わさって、本作をやり込んだプレーヤーからは、数多の類稀なる強者を差し置いて、(苦難厄憑であれば)sekiro最強ボスとして名高い。

関連イラスト

水生のお凛
O'Rin of the Water



関連項目

SEKIRO
隻狼

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「水生のお凛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1224

コメント