ピクシブ百科事典

首無し

くびなし

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に登場するボスキャラクター
目次[非表示]

もしかして → 首無(『ぬらりひょんの孫』の登場キャラクター)

概要

葦名の各地に出没する怨霊。首から上が無い青白い肌の巨漢であり、手には大太刀を持っている。
元は護国に目覚めた勇者たちだったもののいつしか護国に狂い、乱を企て首を刎ねられてしまった。
彼らの霊を鎮める首塚もあるが参る者もおらず、結果として各地に怨霊として出現してしまっている。
彼らが狂った原因は仙峯寺が配った飴であり、彼らを倒すと飴の代わりに形代を消費してそれぞれの飴の効果を付与する○○(対応した飴名)の御霊降ろしというアイテムを手に入れることが出来る。

戦闘

SEKIROにおけるトラウマボスの一体に数えられている。
恐ろしい外見もさる事ながら女性の金切り声のようなBGMや攻撃方法、そして後述の特性もあいまって多くのプレイヤーにトラウマを植え付けた。
まず首無しに対しては通常の攻撃がほとんど通用しない。
彼らに効果的なダメージを与えるには神ふぶきというエンチャントアイテムでエンチャントするか、鳳凰の紫紺傘、瑠璃の浄火という忍具を使用しなければならない。
攻撃方法は追尾性の高い髪の毛飛ばしと剣戟、後述の掴み攻撃の3種類だけであるが、髪の毛飛ばしと剣戟には怖気属性という属性がついている。
怖気属性のついた攻撃を食らうと属性が蓄積し、ゲージが満タンになると怖気を発症、現在の残りHPに関係なく強制的に即死してしまう。さらに例え攻撃を弾いてもゲージは蓄積されてしまう。
その為事前に怖気消しなどを飲むなどして怖気体制を高めておかなければならない。
更に首無しがいる場所には瘴気のような黒い靄が立ちこめており、それがあると走ることが出来なくなる。
その為攻撃を食らってはならないのに回避行動が著しく制限されてしまう(一定ダメージを与えて怯ませれば靄は消えるがしばらくすると復活する)
そして特筆すべきが掴み攻撃。大太刀を振り回して掲げるような動作の後にその場から消失、狼の背後から現れて尻に手を突っ込み、尻子玉を抜き取るというえげつない技となっている(抜き取った尻子玉は首無しの尻に仕舞われる)
この掴み攻撃は凄まじい威力であり、彼らと初めて闘える段階であれば即死、例え体力ゲージを最大まで伸ばしても半分が吹き飛ぶ。
しかし後ろから迫ってくる時に首無しに体を向けると攻撃を中断させることが出来る。
効果的な戦闘の進め方としては前述の鳳凰の紫紺傘でガードした状態から使える「派生攻撃・放ち斬り」によって疑似神ふぶきエンチャントでガードと攻撃を両立させて戦うか、エンチャントした上で怨霊を苦悶させる義手忍具「泣き虫」を使い出来た6~7秒ほどの隙に一気にラッシュを叩き込むのが有効。
しかし「泣き虫」は3回までしか効かないため3回の隙にできる限り首無しのHPを削りきろう。

そしてこの首無し、あろうことか水中にも登場する。
水中で一部アイテムが使えない関係上、神ふぶきを使わずともダメージを与えることが出来るが同時に狼も怖気消しを使えず(まだら紫の曲がり瓢箪は使用可)、義手忍具も使えない為注意。
水中では斬撃が水の刃となって飛んでくる他、掴み攻撃がバキュームにより狼を吸い寄せて尻子玉を抜くモーションとなっている。
なお、源の宮に登場する水中首無しは幻影が同時に出現しており、2対1となってしまう。
とても闘いづらいが片方を倒すともう片方も連動して死亡する。

余談

一部の首無しにはちょっとしたバックストーリーが存在する。
葦名の底の個体→己が狂ったことを悟り森の奥へ
葦名城本城の個体→死体が堀に沈められた
源の宮の個体→双子の兄弟であったが何らかの理由で片方しか生まれられず宮の貴族に敗れた

関連タグ

SEKIRO 怨霊

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「首無し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54459

コメント