ピクシブ百科事典

女子割礼

じょしかつれい

女性器の一部または全部を切除する事。
目次[非表示]

概要

割礼」とは男性器の包皮を切除する宗教上の儀式であり、元は毎日の入浴が困難だった時代に恥垢を溜まりにくくするための生活上の知恵であったと考えられている。

女性器の場合、男性の亀頭にあたるクリトリスが包皮で覆われており、同様に切除する事がある。
しかし、中を尿道が貫いている亀頭とは異なり、クリトリスが純粋に快楽を感じるためだけに存在する器官であった事から、次第に禁欲思想と結び付いてクリトリス自体を切除するものに変質していった

主な傾向

以下のような施術方法が確認されている。
0.クリトリス包皮を切除する(一般的な割礼)
1.クリトリス包皮及びクリトリス先端を切除する(クリトリデクトミー、スンナ式割礼)
2.クリトリス全体並びに小陰唇を切除する(エクシジョン)
3.外性器全てを切除し、尿道と経血を排出するための小さな穴を残して口を縫い付ける(ファラオ式割礼)
その他、同様に著名な性感帯である乳房の破壊等を伴う事もある。

地域的には女性の立場が低く、近代的な人権概念が普及していない、もしくは受け入れられない中東アフリカに多く見られる。
一応、欧州連合のみならずアフリカ連合までもが1以下に対して「女子割礼」ではなく「女性器切除(FGM:Female Genital Mutilation)」と呼称する決議を採択しており、違法化の動きが進んではいる。
しかし、法律よりも伝統文化が優越する地域も多く、全く効果が見られない国もある。そうした地域では女性自身も「女性の嗜み」と捉える傾向にあり、そもそも被害意識を共有するだけで多大な困難が伴う。

加えてそのような地域には、往々にして近代的な医療も普及しておらず、実の両親を含む非医療従事者が、不衛生な環境・器具にて、無麻酔で行う事が殆どである。そのため被害者は多大な苦痛を受けるばかりか、性感の喪失以外の後遺症を負う事も多く、最悪の場合施術中に死に至る。
3の方式を受けた場合に至っては、たとえ生き延びたとしても性交出産が不可能であり、再度手術を受ける(そうした時もまた、しばしばナイフで強引に切り裂くといった暴力的な手法が取られる)か、命と更なる苦痛を賭けて強行しなければならない運命が待ち受けている。
中東やアフリカの死亡率の高さは、こうした因習によっても高止まりし続けているわけである。


余談だが、日本政府はいかなる女子割礼も医療的行為とは認めておらず、男性とは異なり真性包茎の治療であったとしても保険は適用できない。「女性は包茎でも衛生健康上問題無い」という見解からだが、これもまた一種の差別と言えるのかもしれない。

関連タグ

R-18G 切断 暴力 性器破壊 去勢 人体改造

pixivに投稿された作品 pixivで「女子割礼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 801131

コメント