ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大阪市浪速区桜川3丁目にある南海汐見橋線の駅(NK06-5)。当駅に面した千日前通の地下に、OsakaMetro千日前線阪神なんば線桜川駅がある。
南海高野線の前身・高野鉄道道頓堀駅として開業し、同社が南海鉄道(南海本線の前身)と合併した際に、駅北側の道頓堀川にかかる橋にちなみ、現在の汐見橋駅に改称した。

歴史的経緯から、公式には現在でも高野線の起点になってはいるが、1985年に岸里玉出駅(1993年以前は、岸ノ里駅)で完全分断される前から、帝塚山駅以南への列車はほとんどがなんば駅発着になっている。
なお汐見橋線としては当駅が終点になる。
岸里玉出駅の高架化工事が終盤に差し掛かった1993年4月18日〜1995年8月24日にかけて、汐見橋線は高野線どころか、南海本線とも一時的に分断され、当時使用していた1521系が、ねぐらである住ノ江検車区を使えなくなったため、分断前の3月末で廃止になった天王寺線天王寺駅にあった検車施設を当駅2番線へ移設し、使用する3編成を交互に使うことでしのいでいた。この検車施設は、岸里玉出駅の汐見橋線ホームが高架化され、南海本線とつながったことで役目を終え廃止になっている。

駅構造

頭端式1面2線の地上駅。
列車は30分に1本しかなくローカル線色が強い。2番線はごく一部のみ。

のりば上下方面次の駅
1・2南行岸里玉出行
  1. 終点乗り換え···南海本線:和歌山市方面
  2. 同上···高野線:堺東河内長野方面
芦原町駅(NK06-4)→

乗降人員

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は647人である。
  • 利用客数自体は、なんば駅はおろか、高野線の橋本駅にすら遠く及ばないものの、阪神なんば線が開業したあと、利用者としては約2倍くらい増加している。


年度平均乗降人員
2008年度364人
2009年度420人
2010年度444人
2011年度471人
2012年度495人
2013年度514人
2014年度526人
2015年度574人
2016年度575人
2017年度602人
2018年度621人
2019年度647人

参考資料
ハンドブック南海

関連タグ

大阪府内の駅一覧 桜川駅 南海高野線 南海電気鉄道

関連記事

親記事

大阪府内の駅一覧 おおさかふないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「汐見橋駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント