ピクシブ百科事典

深見真理

ふかみまり

杉基イクラによる漫画作品『ナナマルサンバツ』の登場人物。

CV:川島海荷

「最後は楽しかったねって笑い合える――それがクイズよ!」

概要

作者も認める残念ヒロイン。文蔵高校1年生で、大将とはクラスメート。
文蔵にクイズ研究会があることを知って迷わず所属。図書委員に立候補したのも知識を溜め込むため。識の素質に目をつけ、あの手この手でクイ研に誘い、最終的には笹島部長と共謀してのだまし討ちによって、彼に競技クイズの世界を教える。
不器用なのか料理ができず、お弁当を作ってきても中身は冷凍食品だらけ。

クイズ王者とも謳われる名門・開城のエースと呼ばれたがおり、兄の影響でクイズに興味を持つようになった。その情熱は人一倍で、親友・由貴をして「クイズばか」と評される(かなり心配もされている)。
傍から見る分には人当たりのよい清純派美少女だが、頭の中はクイズで占められているのでやっぱり変な子。自覚はしているらしく、クイズに夢中になって受験に失敗した経験から学校での考査におののいている。
語源を問う形式の問題に秀で、問題の先読みや早押しのスキルも実戦級。知識量は心許ないものの、既存の問題を吸収する力は確か。集中力が高まると、癖で耳元のをかき上げる。勝負時には度胸を見せ、その直感力は笹島も認めるところ。競技としてのクイズを楽しむと同時に、「好きだから負けたくない」という思いもひとしお。
共学校の少ない作中では会場の紅一点になることもあり、識や大将とはしゃいで男子校の生徒を歯噛みさせている。縞パン絶対領域メイド服姿などを披露している本作の萌え担当。

関連タグ

ナナマルサンバツ

pixivに投稿された作品 pixivで「深見真理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17493

コメント