ピクシブ百科事典

潘光琳

はんこうりん

潘光琳とは、原哲夫の漫画『蒼天の拳』の登場人物。

人物像

CV:てらそままさき(TVアニメ第一作)
  谷昌樹(TVアニメ『REGENESIS』)
  石塚運昇(パチスロ)

上海のマフィア組織「青幇」の弊主であり、霞拳志郎の朋友。妹に拳志郎の許嫁(後に夫婦)である潘玉玲がいる。

かつて上海にて修行の旅をしていた拳志郎が負傷により行き倒れていたところを玉玲が助け、教会にて匿っていたが、それを知った光琳は拳志郎に対して不審を抱き、彼に銃を向けて脅迫する。しかし、拳志郎はその人並み外れた嗅覚で光琳を付け狙う刺客を看破し、咄嗟に銃の照準をその刺客に向き変え返り討ちにすることができた。

結果的に九死に一生を得た光琳は拳志郎のことを気に入り、以降は自身の客人として扱う。以降も拳志郎は光琳やその部下たちの窮地を何度も救い交流を深めていき、ついには義父・翁洪元の目論見を二人で制し、青幇の新たな弊主となる。
その経緯から光琳は拳志郎に大恩を懐き、彼のためなら助力を厭わない朋友となるが、拳志郎は玉玲との婚約を前にして忽然と上海から姿を消してしまう。

数年後、青幇の敵対組織である紅華会の企てにより、青幇の後ろ盾となっていたジタンダール巡査総長が殺害される。紅華会に上海の勢力圏を奪われると共に、自身も紅華会4番頭・呉東来によって監禁されてしまう。女優の楊美玉に惚れていた呉は、楊と恋仲である光琳を強く妬み、彼にネズミをけしかけて足を徐々に貪らせる拷問を連日のように与え続けた。最後は、楊に光琳の肉を使った料理を贈ろうと、油の煮えたぎる鍋で丸揚げにされそうになるが、長らく光琳の行方を捜索していた父子、そして拳志郎の手により救い出される。

その後は再び青幇の弊主として復帰。先の拷問により歩行が困難な身の上でありながらも、ときには自ら紅華会の幹部やその協力者に引導を渡す活躍を見せ、組織の頭目として仲間たちを奮起させた。紅華会から上海の覇権を取り戻して以降も、今度こそ拳志郎に恩を返さんと、北斗の宿命により強敵との闘いに身を投じる拳志郎への惜しまぬ助勢を行った。フランス軍大佐であるユダヤ人のシャルル・ド・ギーズとは、当初は利害の一致として共謀関係を築くが、後に同じく朋友の契りを交わした。

霊王・芒狂雲により行方知れずとなっている玉玲とは、記憶を失い馬賊の女頭目・李秀宝として再会を果たす。彼女の記憶を呼び覚ますため、ときには料理人に扮して彼女との思い出の味である上海蟹の料理を振る舞うなどしていた。秀宝が玉玲としての記憶を取り戻しかけていた矢先、紅華会の刺客に撃たれ危篤状態となる。

生死を境を彷徨うが、拳志郎による秘孔治癒や、記憶を取り戻した玉玲の声により、なんとか一命を取り留める。しかし、退院後はかつてのように体を動かせず車椅子生活を余儀なくされ、幇主の座を玉玲に託し引退。以降は彼女の相談役という立場に落ち着く。

2018年TVアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』では原作と展開が異なり、世界大戦の勃発により上海が空爆された際、爆撃から葉の息子・子英を庇い重傷を負う。駆けつけた拳志郎たちに今後のことを託し死亡する

関連タグ

蒼天の拳
朋友 マフィア
潘玉玲(妹)

pixivに投稿された作品 pixivで「潘光琳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401

コメント