ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. を出す過程などで相手の攻撃判定を受け付けなくなる時間
  2. 上記ゲーム用語から命名されたアパレルブランド

1の概要編集

テレビゲームなどにおいて、プレイヤーキャラクターが敵・障害物からの攻撃を受け付けなくなる時間の事を指す。主に当たり判定が消滅する、あるいは攻撃判定に接触してもダメージを受けなくなる形で表現される。


当たり判定が消えても地形判定は消えないので、地面をすり抜けて転落するような事は起きないが、逆に穴への落下、地形による押し潰しなどは無敵時間中でも無効化出来ず、通常時と同様に即死する事が多い。


無敵時間の種類編集

①キャラクターがダメージを受けた場合編集

アクションゲームシューティングゲームによくあるパターン。

プレイヤーキャラクターが攻撃判定に触れた瞬間にゲームへ復帰すると、攻撃判定に再度接触してしまう可能性がある。その場合、攻撃が多段ヒットしてHPがあっという間に削られたり、残機が一瞬で無くなりゲームオーバーになる事が考えられる。


こうした理不尽な事態を避けるため、プレイヤーキャラクターがダメージを受けた際には無敵時間が発生し、回避・仕切り直しの機会が与えられている(そのような救済処置が無い場合、クソゲー扱いされる事もある)。


また、逆に攻撃を受けた敵キャラクターがしばらく無敵時間になる場合もある。これは過剰な多段ヒットや追撃を抑制して難易度調整を図っているものと思われる。


双方とも映像上ではキャラクターが半透明になったり、白く点滅する形で表現される事が多い。


また、格闘ゲームFPSなどの対戦ゲームではダウンからの復帰やリスポーンに発生し、過剰な起き攻め(追撃)を防ぐ役割を持つ。こちらは特に映像上の表現を伴わない場合もあるが、ロックオンマーカーの色が変わる、リスポーンを示すマーカーが表示されるなどして無敵(攻撃不能)状態である事を明示する場合もある。


②特殊なアイテムを入手・使用した場合編集

こちらもアクションゲームやシューティングゲームに多いパターン。スター無敵キャンディーなどのアイテムを取った瞬間、あるいは所持するボムを使用した瞬間に発生する。こちらは無敵時間になると同時に攻撃判定も発生し、普段倒せない敵を倒す事が可能になる場合もある。こうした無敵アイテムの利用を前提とした構成のステージも存在する。


映像上では虹色に点滅する、あるいはプレイヤーキャラクターの周囲に炎や稲妻・星などのエフェクトが発生して無敵兼攻撃状態であることを強調する事が多い。


③必殺技を使用した場合編集

主に格闘ゲームやベルトスクロールアクションで見られる。昇龍拳などの必殺技、ダブルラリアットなどのメガクラッシュを使用した際に無敵時間が発生し、敵キャラクターからの攻撃を無効化しながら反撃する事が出来る。


①や②とは異なり、見た目上は特殊な映像表現などを伴わない事が多い。キャラクターが発光したり、炎や稲妻などのエフェクトが発生する事もあるが、無敵時間の無い必殺技にもそうしたエフェクトは存在するので無敵か否かを判断する材料にはなりづらい。


また、ノーリスクで全ての攻撃を無効化できるのは万能過ぎる為か、シリーズを重ねるごとに空中からの攻撃のみを無効化する対空技になったり、ゲージを消費するEX必殺技でしか無敵時間が発生しなくなるなどの弱体化が図られているものもある。


関連項目編集

ムテキゲーマー - 上記の無敵時間を再現した能力により、あらゆる攻撃を無効化する仮面ライダー


外部リンク編集

@mutekijikan / Twitter

無敵時間 - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

判定 はんてい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194662

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました