ピクシブ百科事典

直蛍

ただけい

「直蛍」とは「もやしもん」の登場人物である沢木惣右衛門直保と結城蛍によるカップリングである。一応BLで腐向け。でもある意味準公式。
目次[非表示]

概要

蛍直」とは、「もやしもん」の登場人物である、「沢木惣右衛門直保」と「結城蛍」によるカップリングタグである。

この表記だと沢木攻め受けとなる。

他の表記に「直保×蛍」がある。

一応、男性キャラ同士による組み合わせのため、BL腐向けなのだが、
本編内で頻繁に逸話があったり話題になったりするため、「準公式カップリング」とも言うべき組み合わせである。

事の発端

原作第1巻の時点で、二人は幼馴染み親友という間柄。
親同士が、麹屋である「沢木もやし」と、酒蔵である「結城酒造」という商売上の関係で、家族ぐるみの付き合いがあった。
そして共に「某農大」に入学し、樹慶蔵教授の「樹ゼミ」のお世話になることになる。

蛍は沢木の秘密である「を見ることが出来る」能力を知っており、その唯一の理解者であり、
また沢木も「蛍の家の、火落ち菌絡みの悲劇」を知っている、
そんな間柄であった。

しかし、蛍が「自分探し」と「沢木との共依存関係からの脱却」を目指して、某農大を休学し、失踪

そうしてしばらくの間、蛍は本編に登場しなくなった。


やがて、某農大の近所にある「日吉酒店」に、「一人の女の子」が現れる。

その「女の子」は黒いゴシックロリータの格好を身にまとい、「日吉酒店の娘」、とされていた。

そして、とある夏の日に、沢木は「その黒ゴスの女の子」を、日吉酒店の前で見かけた。

その「女の子」の事が気になった沢木は、数日後に日吉酒店に向かい、その「女の子」と会話をした。

「女の子」は沢木のフルネームである「沢木惣右衛門直保」を口にし、

「ずっと前から」知っていた、と、沢木に告げた。

この時点で、沢木は気が付いた。

この「黒ゴスの女の子」は、失踪していた「結城蛍」である、と。

そして、黒ゴスの女の子………じゃなく、黒ゴスの少年は、突然の事に頭がパニクってる沢木に向かって、いきなりキスをした。

俗に言うゴスロリキッスってやつですね



それから

本編内ではから沢木への「秘めたる想い」が、なにかある度に炸裂し、
「蛍から沢木への片思い」は、登場人物たちにも半ば公認扱いになっている。

その一方で、「沢木から蛍への感情」は、基本的には「幼馴染み親友」。
本編でも、沢木の口からたびたびそう言及されている。

しかし、

例えば、日吉酒店で「黒ゴス娘(蛍)」を見かけた時に、凄く気になっていたり、「黒ゴス娘」に話し掛けようとしつつも躊躇したり、躊躇いながら話し掛けたり、
(更には、アニメ版では表現が「思いっきり照れながら、黒ゴス娘(蛍)に話し掛ける沢木」となっている)

また、某農大の自治寮のお風呂に一緒に入った時に、「ウィッグを着けたまま風呂に入った蛍」に沢木がドキマギしたり、
「その格好(黒ゴス姿)の蛍だと緊張する」と沢木が言ったりと、

黒ゴスに対して、ついつい意識してしまう沢木の姿が出てきている。

関連タグ

もやしもん
沢木惣右衛門直保 沢木直保
沢木 直保 ただやす ただやすー
チビ ちっちゃい
結城蛍 ゴスロリ 黒ゴス 女装 男の娘
幼馴染み 親友
BL 腐向け 準公式
公式が最大手
キス

関連記事

親記事

専用タグがない腐向けCPタグ一覧 せんようのすみわけたぐがないふむけたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「直蛍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6076

コメント