ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

相田ハジメ

あいだはじめ

相田ハジメとは、『新世紀エヴァンゲリオン』『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の登場人物。

概要

相田ケンスケの父親。存在自体はテレビシリーズの時点で発覚しており、ケンスケからはパパと呼ばれていた。

NERVに勤務していたらしく、ケンスケは彼の所持していたデータを盗み見たことでヤシマ作戦へと赴くEVA初号機EVA零号機を見送った。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版でも存在しており、ニアサードインパクトを生き残り第3村で息子と共に暮らしていたが、ある日事故にあってあっさりと死んでしまったらしい。

現在は第3村近くの丘に墓標が建てられている。

父の死に直面し、生きている間にもっと話しておけばよかったと後悔したケンスケは、碇シンジに「親父さんがまだ生きてるなら面と向かって話してみろ」と助言した。

関連記事

親記事

エヴァのキャラクター一覧 えゔぁのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました