ピクシブ百科事典

瞋恚

しんに

瞋恚とは「利己的な考え方」から生まれる煩悩とも解され、仏教において人が最も克服するべき諸悪・苦しみの根源とされる3つの煩悩『三毒』の一つ。「瞋り(いかり)」とも言う。

概要

仏教において、が最も克服するべき諸悪・苦しみの根源とされ、可能な限り取り払うべきで3つの煩悩である三毒の内の一つ。

どんなに功徳(人間として行うべき良い行為)を積んでも、1回の瞋りで台無しになってしまうといわれているので、仏教の修行者には怖れられている。

『瞋』(しん)とも呼び、平たく言えば怒りのことされるが、仏教においては単に怒りそのもののことではなく、怒りによって生まれる負の感情である憎悪』『軽蔑(軽視蔑視)』『嫉妬などのこととされ、更には不安なども悪い怒りの表れとされ、『瞋』にあたるとされる。

「瞋り」の難しいところは、瞋る側が「自分が悪い」と思っておらず、被害者だと思い込んでいる点です。

例えば「叱る」と「怒る」の違い。
親として未熟な人は「叱る」ではなく「怒る」になってしまう場合があります。
「叱る」は、時として子供を成長させる必要なものなのですが、「怒る」は感情の問題です。

子供が騒がしかったり、散らかしたり、親である自分のいう事を聞いてくれなかったり・・・

「叱る」の場合は、そういう「行為」が良くないということを言い聞かせたり、子供のためを思って知ってもらおうとする姿勢です。

しかし「怒る」の場合は、自分の感情を相手にぶつけてすっきりしようとする利己的なものです。

子供の為ではなく自分の為、というのが「叱る」との違いです。
ただ、「叱る」を意識していても、いつの間にか「怒る」に変化していることがあります。

「怒り」の感情の裏側には「悲しみ」や「情けなさ」があります。
「悲しみ」と「怒り」は表裏一体なんです。

「何故この子はそうなの?」
という怒りの裏には、「できない」という悲しみがあるのですが、「できない」が続くと「しまいには情けなくなる」となり、それも積もり積もると
「どうせ…」
となって、行き場のない怒りが噴出するわけです。

表裏一体なので、悲しみの裏に怒りが生まれる場合もあります。

例えば恋人との待ち合わせで、相手が遅れて来たりドタキャンすると

「なぜ遅れるの?」とか「なぜドタキャンするの?」

と悩み苦しむのですが、次第に自分を苦しませる相手に対し、怒りの感情が沸き上がってきます
そういう怒りの裏には
「私が悲しむのはあいつが悪いからだ!」
という被害者意識が有るものです。

相手の都合に配慮しない。また、だらしない相手を恋人に選んだ自分の落ち度を無視する、まさに自己中心的な考え方です。

自己中心的な思いから発展した「瞋り」は、目の前の世界を歪んで見せます。
そすうると真実を見誤ってしまいます。

しかし、ただ単純に、怒らないように、悲しまないようにしなければいけない、というわけではありません。

怒りや悲しみの気持ちを一切押さえていたら、我慢しすぎで人間はおかしくなってしまいますので、上手に発散させる必要が有ります。

でも、怒ってしまうと功徳が台無しになってしまうのが痛いところ。


関連タグ

仏教 煩悩 三毒

怒り/憤怒 激怒
憎悪 軽蔑(軽視/蔑視)
嫉妬 不安 恐怖
 感情

関連記事

親記事

三毒 みどく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「瞋恚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112152

コメント