ピクシブ百科事典

三毒

みどく

三毒とは、仏教において人が最も克服されるべき対象であるとされる三つの煩悩のこと。
目次[非表示]

概要

仏教において、最も克服されるべき対象である、人間の諸悪・苦しみの根源とされ、可能な限り取り払うべき煩悩であり、それぞれ『貪』(とん) 『瞋』(しん) 『癡(痴)』(ち)の三つに大きく分けられる。
三毒の内の『貪』『癡』の多くは『瞋』に結びついており、『瞋』をしっかりと捉えれば『貪』『癡』にもアプローチできるようになるとされている。

三毒の詳細

煩悩の数は、俗に108個あり、最大では84000個あるとされるが、最少ではこの三毒のみとされており、他の煩悩は全てこの根本たる3つから派生したものとされている。

貪欲』(とんよく)とも言われ、必要以上に求める・貪る心。ありとあらゆる深い欲望のことである、強欲の感情。象徴する動物は

瞋恚』(しんに)とも呼び、基本的には怒りのことされるが、仏教においては憎悪』『軽蔑(軽視蔑視)』『嫉妬、更には不安なども怒りの表れとされている。象徴する動物は


愚癡』(ぐち)とも呼ばれ、仏教における世の真理(ダルマ)』(無常など)を理解できておらず、無知であることを意味する。象徴する動物は

注意

誤解がないように解説すると、これらは感情「過剰に持っている」または「支配されている」からになるのであって、一切持ったり感じたりしてはいけないわけではない。
むしろこの世で生きていくためには、必要最低限は必要である。
例えばが無ければご飯を食べたいなどと思えなくなるし、怒ることができなければ人を叱ったり出来ない。
逆に言えば必要最低限以上は持ち合わせるべきではないということである。

悪いのは、それらの感情を過剰に抱き、それに執着して支配されてしまうことであり、『三毒』とはそうした状態を指したものとも言える。
仏教において『執着』は最も大きな障害とされ、過剰な欲は強欲となり、過剰な怒りは軽蔑嫉妬となって、やがて他者のことなどを何も考えなくなって蔑み見下すようなり、人やこの世に害をなす存在になり下がって、そのために引き起こる逃れられない苦しみを受けてしまうことになる。

この三つの煩悩は密接に繋がっており、例えば過剰な怒りは、軽蔑心や嫉妬心となると、その対象を貶めたり苦しめたりすることで、優越欲や支配欲に浸るという強欲を作り出す。
強欲も、独占欲や優越欲に執らわれることで、自分より劣っている、自身から何かを奪おうとしていると感じた相手に対して見下しや蔑みという軽蔑心を生み出してしまう。

更にそれらに執着してしまうことによって、この世のあり方・真理((ダルマ))に盲目(無知)になり、悪い生き方・いい加減な生き方になってしまい、その結果起こりうる苦しみに苛まれることになる。

特に怒りの感情は大変コントロールが難しく、ほんの些細なことでも抱いてしまいやすい。
しかし、逆に言えば怒りさえ上手く抑制してコントロールし、克服してしまえば、強欲や無知を克服するのも楽になるということでもある。


関連タグ

仏教 諸行無常(無常)
煩悩 悟り
一切皆苦()

pixivに投稿された作品 pixivで「三毒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2571

コメント