ピクシブ百科事典

神戸電鉄3000系

こうべでんてつさんぜんけい

神戸電鉄が1973年から1991年にかけて導入した鉄道車両。
目次[非表示]

概要

神戸電鉄3000系は神戸電鉄1973年から1991年にかけて導入した鉄道車両
最盛期は4両編成9編成36両が在籍していたが、2014年に1編成が廃車され、現在は8編成32両が在籍する。
現在は3両のみで運転される公園都市線を除く全線で運用されている。

導入の経緯

神戸電鉄は有馬温泉へ向かう観光路線として建設されたが、神戸市街地へのアクセスの良さから沿線では住宅開発が進み、通勤重視の路線へと変化し、旅客需要が高まっていた。
そのため、4両固定編成の車両を建造する事になった。そこで建造されたのがこの3000系である。

特徴

4両固定編成であり、増結は考えられていないため、全面は非貫通形となり、300系を髣髴とさせる大きな2枚の全面窓が特徴的である。
神戸電鉄の新製車としては初めて扉幅1300mmの3扉車体を採用し、ラッシュ時対策とした。
また、神戸電鉄で初めて冷房を取り付けた車両でもある。
車体は軽量化のためにアルミ車体を採用し、アルミの車体に朱色の帯の外観から沿線住民には「ウルトラマン」の愛称で親しまれている。
1980年台後半から1990年台初頭までにかけて1000系列などと同じく塗装の変更が行われ、現在の姿となっている。

関連イラスト

【HD神鉄03】来たぞ播磨のウルトラマン【3000系】


関連項目

神戸電鉄 3000系
神戸電鉄有馬線 神戸電鉄三田線 神戸電鉄粟生線

pixivに投稿された作品 pixivで「神戸電鉄3000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 778

コメント