ピクシブ百科事典

私の少年

わたしのしょうねん

高野ひと深による漫画作品。現在は『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載中。
目次[非表示]

概要

作者は高野ひと深(pixivアカウントはこちら)。物語開始時点で30歳の成人女性と12歳の男子小学生の交流を描く。いわゆる「おねショタ」を題材としていながら、主人公2人をはじめとした登場人物の、緻密な心理描写や美麗な作画で人気を博している。
元々主人公はカメラマンの男性と少女の予定だったが、作者が「この設定では描けそうにない=描く意欲が湧かない」のと、それ以前に似たような理由で企画を流した事もあって、「このままじゃ編集者さんに捨てられる」と追い込まれ担当編集と話し合い、「基本的なプロットをそのままに、思い切って性別を逆転させてみた」との事。

結果として「膝の上には美しい少年がいる」と言うモノローグから始まる第一話は『まんが史上最も美しい第一話』として話題に。

また、従来の作品と比べて「血の繋がりがない成人女性と少年が接点を持つ事」の危うさが強調されている。そのリアルさも含めて『女性向けおねショタ』と称される事も。

2015年12月に双葉社の『月刊アクション』(2016年2月号)で連載が始まり、2018年に『週刊ヤングマガジン』に移籍して同年5月(26号)から不定期に連載されている。

西暦2020年12月4日に発売された9巻を持って完結した。

登場人物(ネタバレ注意)

  • 多和田聡子(たわださとこ)

スポーツメーカー「ヨネサス」に勤める女性。宮城県仙台市出身。朝起きると体温計で熱を測る習慣があった。普段は理性的な性格で仕事も出来るキャリアウーマン。仕事帰りに見掛けた少年・真修に成り行きでサッカーを教えるようになり、次第に彼との時間を心地よく思うが……。
後述の妹との関係は良好だが、母親は『自分の都合で娘=聡子を「大人扱い・子供扱い」して責める』、父親は『ろくに家の事に関与しない割に口煩いが、互いに疎外感を埋める為に相手せざるを得ない』同族嫌悪から、両親との折り合いはそろって悪い。
後に、両親がそろってを重ねていたのを知り、それが原因で恋愛を怖れていた事が発覚する。

  • 早見真修(はやみましゅう)

センシティブな作品


聡子が東京で出会った男の子。サッカークラブに所属しているが、あまり上達せず悩んでいた。女の子のような顔立ちの美少年。本人も性別を間違えられる事に慣れている。父子家庭で、弟の名前は遼一(りょういち)。中学校に進学してからは、後述する父親が祖母を自宅に招いて同居するようになり、長かった髪も短くし、高校生になると背格好が聡子と大差がなくなる程に成長した。
中学校に進学して以降、聡子に異性として好意を抱く。

  • 小片菜緒(おがたなお)
真修が所属するサッカークラブのコーチの娘。初期案のヒロイン「なお」をリメイクしたキャラクターでもある。
体調不良から給食の時間に嘔吐してしまい、クラスメイトが騒ぎ立てる以外をしない中、真修が嫌がる事なく真摯かつ率先してフォローしてくれて以降、彼に対し淡い友愛の念を抱くようになる。
だが、それと同時に聡子と真修の関係を、否応にも察せざるを得ない立ち位置になってしまう……。
最終的に真修への恋心を自覚し、聡子に「あなたと真修の関係はおかしい」と糾弾するも、聡子がそれを受け止めた上に、真修からも同様の返答をされた事で完全に敗北してしまう。

  • 椎川文貴(しいかわふみたか)
聡子の上司で元彼。婚約者が居るものの、聡子に未練があるような言動が目立つ。
後に聡子への未練=愛情は本物である事が判明し、何故別れたかと言うと『付き合った当時の聡子が自分(=椎川)に対し、(聡子の)父親を重ねて接していた』事を悟ってしまった為。

  • 多和田真友子(たわだまゆこ)
聡子の妹。一人称(および愛称)は「まゆ」。
表面上は軽くてやや幼い言動が目立つが、過去に母親の浮気を知ったのを契機に、観察力・洞察力が桁違いに優れるようになった(自称FBI)。
尚、母のそれを自分に知られないように、懸命に隠してくれた聡子に感謝すると同時に、それに気付けなかった自分の鈍感さと不甲斐なさを感じ、以後は聡子の幸せを願ってお節介を焼いている。

  • 早見元樹(はやみもとき)
真修の父親。仕事が忙しく家を留守にする事も多い。聡子にある疑惑を持たれていたが……。真修が中学校に上がってからは母親(真修達にとっての祖母)を実家に招く形で、息子2人を預けている。
尚、疑惑の真相は妻に先立たれたショックから逃避すべく、仕事に没入し続けた結果だった。
上記の通り、祖母が来て自宅に居る時間が出来ると、真修の成長に良くも悪くも驚かされるシーンが度々出てくる。

余談

担当編集長が2人居るのだが、その内の女性編集者は真性のショタコンであり、真修の美しさ・可愛さは同編集者によって守られていると言っても過言ではない。
……但し、そのショタコンぶりは末期(編集会議にて、作者自ら真修が中学生になる流れを説明した際「それじゃあ、小学6年生真修の冬服は見れないんですか……」「『私の少年』サイドストーリー・小学生真修物語、同時掲載とかは!?」※ほぼ原文)と言える程で、作者は彼女が出す真修チェックに戦々恐々する余り、稀にノイローゼめいた状態に陥るとか。

上記の通り、掲載紙が変更された経緯から1~4巻に限り、背表紙の掲載紙アイコンが2種類になっている。

関連タグ

週刊ヤングマガジン 青年漫画 歳の差

関連記事

親記事

週刊ヤングマガジン しゅうかんやんぐまがじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「私の少年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15381

コメント