ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

身長161cm
体重49kg
BMI17.16
血液型O型
誕生日1月9日
CV日笠陽子


人物

花畑よしこ
自分の老後…もとい娘の致命的なアホの子っぷりを憂うあまり、阿久津明を何が何でも娘と結婚させようとしているため、隅野さやか風紀委員長など娘の女友達を必要以上に警戒しており、時には周囲の目を気にせず力ずくで排除しようとしたり、明の前で恥をかかせようとしたりと非常に大人げない行動に出るため、明から娘ともども鉄拳制裁を食らったり軽蔑の眼差しを向けられたりしている。よしこを慕っている龍一から「最低」、雑誌掲載時の人物紹介ではゲスと評されている。明の妹の瑠璃にはうまく取り入っている模様。だが、その122で明とよしこを始末する相談をしているのを聞かれてしまい、その後はどうなったかは不明。
「下着を見ればその女の本性が分かる」が持論。

旦那は単身赴任中で、月に一度しか家に帰ってこない。ゆえに、よしえにとっては月に一度の旦那のご帰還が(様々な意味で)楽しみ。その旦那は明をして「何でこんなまともな人からあんなアホが生まれたんだ!?」と言わしめたほどの真人間であり、よしこがどうしようもなくアホなのは多分…と言うか十中八九このクレイジーな性格のオカンのせいだと思う。
ちなみに、旦那との馴れ初めは手錠で拘束した上で初めてを奪ったらしい。

年齢は40歳手前のアラフォーで、「ババア」と言われるとブチ切れる。
娘同様身体能力が高く、ヤンキーの黒崎龍一を片手で投げ飛ばし、一方的にぶちのめすほど腕っぷしも強い。

よしこと明が高校生でいる期間が彼らを結婚させる最後のチャンスと見做している様である。だが、作中での行動から明を狙っている理由は消去法に近く、それなりに高く安定した収入の有る人間なら誰でもいいと思っている。上記の様に作中の時間が進むのと娘のライバルである風紀委員長の強い想いを理解するに連れて焦り、行動もエスカレートする様になる。委員長を凶器(棘付き)で痛め付け様としたり、電車で痴漢冤罪を仕組んで罠に嵌った人間によしこと結婚する様に脅したりとゲスの名に相応しい行動をしている。仕舞いにはよしこを自身の貯金である100万円で明に売ろうとまでしている。それ以前によしこの世話はある意味で介護又は動物園飼育員に近い、隣人というだけで赤の他人である明に無料で行わせるのは正直に言って酷である。主人公の世話を焼く幼馴染というのは大半は主人公と愛情又は友情で結ばれている物であり、明にはよしこに対してそういう物は無い。正直、よしこの様な人間の相手は仕事でない限り、大半の人間はしないだろう。現実的な観点から明はよしえに給料を要求しても不思議ではない関係である。

関連タグ

アホガール
花畑よしこ 阿久津明
残念な美人 ゲス 吐き気を催す邪悪 

託児…この場合は親戚・近所の人々といった他者に自分の子供の世話を対価無しに一方的に押し付ける事を表現したネットスラングである。彼女が明に対して行っている事を指す最も相応しい表現である。現に託児の体験談には障害を持った子供を親戚の子供と結婚させる事で将来的な世話をその親戚の子供に押し付けようとする人間の話も存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「花畑よしえ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92667

コメント