ピクシブ百科事典

親局

おやきょく

放送局の放送を送信する中心となる存在の設備。メインイラストは在京キー局のかつての親局東京タワー。

対に位置するのは中継局。もし親局で送信不能になるダメージが起きるとそれは放送事故となるため、予備の送信設備を各局が用意している。例えばNHK東京放送センターは親局施設を東京スカイツリーへ移転した後も東京タワーを予備送信所として使用する契約を結んでいる。

親局の送信出力は中継局と比較しても格段に強く、東京スカイツリー親局のMXを除く在京局のデジタル出力は10kwだが、アナログ放送の出力に換算すると映像100kwとなるのだから、実質倍に増力したも同然である。なお送信アンテナにチルト(傾き)を付けることで放送区域外へのおこぼれを減らしている。
その他の地域の親局出力は基本的に県域放送で1kw、広域放送で3kwが多いが、県の面積が広い福島県宮城県などでは県域放送でも3kwで送信することもある。

コメント