ピクシブ百科事典

超次元ロボダイカイザー

ちょうじげんろぼだいかいざー

超次元ロボダイカイザーとは「カードファイト!ヴァンガード」で出てくる正義のロボットである。
目次[非表示]

「広い世界が俺を呼ぶ!正義の心が炎と燃える!ライド、超次元ロボダイカイザー!」

概要

TD「超次元の勇者」で出てきたディメンジョンポリスのグレード3のユニットである。
イラストレーターが大張正己氏であるせいか、アレコレ等を思い出すようなデザインと設定が取り入れられている。
声優は佐藤拓也。使用者は光定ケンジ

公式設定

星の平和を守る次元の勇者「カイザード」のフィニッシュフォーム。 「トランスディメンジョン」の掛け声と共に現れる巨大装甲車両「カイザーグレーダー」と超次元合体する事によって、より戦闘に特化した形態である「ダイカイザー」となる。 パワーと装甲が格段に強化され、「カイザーブレード」をはじめとする多くの武器を、元いた世界の次元エネルギーと共鳴させる事で別次元から換装する事が可能となっている。 「ダイユーシャ」達と協力して「第一次本部襲撃戦」という難局を乗り越えた彼は、仲間という存在の心強さを痛感し、この時を以て名実ともに“ディメンジョンポリス”へ配属される事となった。 強者である自分だけが戦えば良いと孤独を強いた日々は、もう来ない。 仲間の期待と希望を背負い、その胸に変わらぬ熱き正義の輝きを抱き、真紅の皇帝が今、堂々たる名乗りを上げて大地に降り立つ。

超次元ロボ ダイカイザー


フレーバーテキスト
「オレが力を貸してやるッ! 無様な姿は見せるなよ!」(TD超次元の勇者版)
「当然だ。 この星を守る事こそ、オレの務めだ!」(はじめようセット版)

ユニットとしての能力

効果1

ヴァンガードにいる場合。LB4(リミットブレイク!!)時このユニットがディメンジョンポリスのユニットにライドした場合、カウンターブラストを一つ使いパワーを10000プラスしクリティカルを1増やすブレイクライド効果。
更にこのターンの間ドライブチェック時にディメンジョンポリスのG3がでた場合相手のガーディアンを退却させる永続効果をつける。
G3が出てしまえば相手がバトルシスターしょこら等のアタックがヒットされない守護者(センチネル)の能力でガードされようがそのユニットを退却させることができるため、うまくガーディアンを突破させれば、相手に強いクリティカルを叩き込むことができる。
また自身が「次元ロボ」であるため次元ロボゴーユーシャの能力でダメージ4のとき次元ロボがそろえればメインフェイズで強制的にブレイクライド誘発することができる。

また「次元ロボダイライオン」の効果でリミットブレイクの効果を踏み倒すことができるため早期のブレイクライドで決着をつけることができる。

効果2

ヴァンガード時ディメンジョンポリスにブーストされた場合パワーを2000アップする自動効果。
後方しだいによっては破格のパワーでアタックすることもできる。

効果3

盟主の能力。ディメンジョンポリスに属していないユニットがいると攻撃できない効果。
この効果のため必然的にディメンジョンポリスの単一クランで構成されるだろう。

余談

アニメRIDE138(第3期34話)ではダイカイザーのカットを大張正己氏が書いたり、エンドカードでは富士山をバックに「超次元ロボダイユーシャ」とダイカイザーが握手しているイラストを大張氏本人が描く(後にはじめようセットでカラーになりカード化された)という下手すれば番組を間違えかねないゲスト参戦をしている。
さらにクロスライドの「究極次元ロボグレードダイカイザー」と「究極次元ロボグレートダイユーシャ」のリバイバルレギオン「真・究極次元ロボグレートダイカイザー」がいる。
そのうえサポートロボや合体メカがありカード化しているため本当に番組を間違えかねない。

関連タグ

ヴァンガードユニット ディメンジョンポリス 超次元ロボダイユーシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「超次元ロボダイカイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22936

コメント