ピクシブ百科事典

近キト茶道部

きんきとさどうぶ

近キト茶道部とは、吹田総合車両所京都支所所属車両において絶賛実行中の抹茶色塗装ならびに抹茶色塗装を施された車両のことである。
目次[非表示]

発端

2009年12月にJR西日本より中国エリアの車両(キハ120を除く)の塗装変更を8年かけて行う事が報じられた。
広島支社だけで済めばよかったのだが、これがJR西日本管内全支社で行われることになった。
京都支社は、「京都抹茶」のイメージより抹茶色とされた。
そして、京都支社が管轄する京都総合運転所所属の車両に抹茶色塗装が開始され、現在も絶賛実行中である。
なお、2010年12月1日より、京都支社は近畿統括本部内の現業機関に改組されたため、車両表記(と茶道部)が「京キト」から「近キト」に改名された。2012年6月1日には組織改正により京都総合運転所が吹田総合車両所京都支所となった。

近キト茶道部員の車両

キハ120の鋼製車に施行されたが、221系体質改善車は単色化されていないため、221系には施行されない。

運用線区


その他の茶道部員

  • 近ミハ茶道部:宮原総合運転所(現・網干総合車両所宮原支所)所属車両のこと。大阪・京都・神戸の3支社が近畿統括本部になったため、大阪支社の所属車両(一部)にも抹茶色塗装が行われた。2012年3月11日をもって113系が福知山線からの運用から撤退した。
  • 福フチ茶道部:京都支社の吹田工場(現在は近畿統括本部の吹田総合車両所)で検査したためか抹茶色塗装が出現した。

関連記事

親記事

茶道部(JR西日本) さどうぶじぇいあーるにしにほん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「近キト茶道部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260

コメント