ピクシブ百科事典

雑賀鉄之助

さいかてつのすけ

雑賀鉄之助とは、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のキャラクター。

演:板垣瑞生
19話で初登場した、「カラクリ技師」の若者。伊賀崎天晴からは「テッちゃん」と呼ばれる。
世襲制であるらしく、彼は二十二代目。オトモ忍の組立て作業を行ったのは先代らしい。
山奥の「獅子寺」という寺に獅子王と暮らしている。

劇中での活躍


  • 19話
これまでのニンニンジャーとの戦いから得られた情報を元に、晦正影が作り出した上級妖怪「ヌエ」によって忍者一番刀忍シュリケンが使い物にならなくなった際、それらを直せる可能性のある人物として、キンちゃんが名前を挙げた。
前述の「獅子寺」でニンニンジャーと出会い、謎のおっさんが奪って捨てた天晴の忍者一番刀と忍シュリケンを、再びヌエが襲ってくるまでのわずかな時間で完璧に直して見せた。
巨大化したヌエにキングシュリケンジンが合体を解かれ窮地に陥った際、獅子王に戦うように促し、間接的にニンニンジャーの危機を救っている。

  • 20話
獅子王を手なずけようと再び獅子寺を訪れたニンニンジャーたちに、先代鉄之助とラストニンジャが共にライオンハオーを作ったことを伝えた。
しかし「あいつを手なずけようなど無駄なことだ」と断言。その理由を聞こうとした天晴から不意打ちで忍者一番刀を奪い手裏剣で攻撃し、同時に現れたヌエとの戦いに向かった五人と分断する。
天晴に「ライオンハオーを手なずけてどうする?」「お前は仲間のために何ができる?」と問いかけ、一番刀を取り返そうと挑んでくる彼を巧みにかわしながらヌエと戦う五人の元まで誘導する。そこで天晴に仲間を見つめる機会を与え、「自分が自由に暴れられたのは仲間のお陰、自分がいればみんなが暴れられてもっと強くなれる」と気付いた天晴に、仲間のために何が出来るのか再び問う。
天晴は「みんなのいいところ引き出せる」と答え、獅子王が暴れることで自分たちが強くなり、自分たちが良さを引き出せれば獅子王もさらに強くなれるという答えを天晴が出したことで、彼に忍者一番刀を返還した。
彼らの忍者一番刀や忍シュリケンを直したのは、彼らが獅子王と共に暴れることができる者たちだと考えていたためであり、その素質を見出した天晴にライオンハオーの力を使いこなすことができる超絶勝負チェンジャーを授けた。

  • 22話
回想のみ。ライオンハオーとの超合体忍シュリケンを製作し、御中元として伊賀崎家に送っている。


関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「雑賀鉄之助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21357

コメント