ピクシブ百科事典

電撃アイドル戦隊ガオレンジャー

ひゃくじゅうせんたいではない

「電撃アイドル戦隊ガオレンジャー」とは、スーパー戦隊シリーズの第25作目…ではなく、いづみひろのによる漫画作品である。
目次[非表示]

概要

百獣戦隊に先んじること8年、1993年から1994年にかけて、「電撃コミックガオ!」誌上に連載された漫画作品。同誌での連載が終了した後も、同人作品として続行された。
ちなみに本家は、連載当時は金曜日夕方5時30分からの放送だった(JST)ため、作中で「金曜夕方の番組?」と言っている。
アイドルたちが声を使って敵を倒すという内容であるが、この設定はどちらかといえば『ぴちぴちピッチ』の方が近い。

登場人物

特徴として、本家では皆勤のレッドブルーがいない点が挙げられる。
しかし、ガオピンクをレッドに、ガオコバルトをブルーに当てはめるとするなら、百獣戦隊の初期メンバーと同じ配色となる。

さらなるプロフィールはこちらの記事にて
※「声」はドラマCDでのキャスト。

  • 増葉みあ(ますば・みあ)/ガオピンク
声:菊池志穂
本作品の主人公。オーディションに受かるものの事務所が倒産してアイドルデビューできなかった少女。アイドル廃絶を目指す敵と戦うために、ガオレンジャーとなる。

声:矢島晶子
麗しの白虎…ではない。

声:折笠愛
鋼の猛牛…ではない。

  • 六鳴館橘花(ろくめいかん・きっか)/ガオコバルト
普段はとてもマイペースなお嬢様。だがしつけが厳しすぎたために二面性を持っていて、裏の人格になったときは、敵をあっさり蹴散らすほどの強さを見せる。

孤高の荒鷲…ではない。最後のアイドルとして敵に狙わていたために、みあたちの護衛を受ける。イタズラ好きな性格。マネージャーとは恋人同士。恋人が敵に拉致されて洗脳されたことでショックを受けるが、みあの説得で立ち直る。みあたちと共にガオレンジャーとして戦うことを決意し、けじめとしてファンたちにマネージャーと恋人同士だったことを告白して、引退した。

関連タグ

百獣戦隊ガオレンジャー アイドル

五星戦隊ダイレンジャー忍者戦隊カクレンジャー:連載当時に放送していた本家の作品。
マーメイドメロディーぴちぴちピッチ:設定的にはこちらの方が近い。

『電撃アイドル戦隊ガオレンジャー』紹介ページ

関連記事

親記事

メディアワークス めでぃあわーくす

兄弟記事

コメント