ピクシブ百科事典

食品サンプル

しょくひんさんぷる

蝋や合成樹脂を使って作られた料理の模型。

概要

食品サンプルは大正から昭和初期にかけての日本で考案された。また、食品サンプルという名称は戦後になってから呼ばれるようになり、それまでは料理模型や食品模型と呼ばれていた。
初期の食品サンプルは実物を寒天で型取りして蝋を流し込んで作成されていたが70年代に入ると蝋から合成樹脂を使った食品サンプルが制作されるようになった。これにより溶けやすい・壊れやすいといった蝋製サンプルの欠点が改善された。
現代では国外からの観光客へのみやげ物、芸術品や玩具としての利用も広まっている。
レタス天ぷらは食品サンプル制作体験の代表食品。

関連タグ

模型 料理 飲食店

pixivに投稿された作品 pixivで「食品サンプル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141125

コメント