2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 漫画『仮面ライダーアマゾンズ外伝 蛍火』のヒロイン

 彼女もまた野座間製薬から逃げ出したアマゾンの一体。反町昇と共に暮らしているシェアハウスで、ハウスのオーナーである翻訳家・櫛原躍人の仕事の手伝いをして日々の生計を立てているようだ。なお、彼女本来の姿は昇と同じホタルアマゾン(ただし、男女差のせいか2人は触角の長さやディティールが異なる)。

 描写を見る限りでは表情に乏しい為にどことなく機械的な印象を漂わせているが、他のアマゾンたち同様に仲間意識は高く、昔から相手側の立場の事を考えて傷ついていた昇の事を気に掛けており、彼を懸命に支える一方で、人間に対しては基本的にドライな一面を持つ。

 また、頭の回転も速くトラロック作戦が決行された日もいち早くその特性を見抜き危機を脱している一方で、偶然自分たちの仲間である上窪誠司の連絡先を知っていた為(基本アマゾンたちは所在が分かって一網打尽にされる事を防ぐ目的で連絡先などの情報交換はしない)、急いで彼に連絡を取り、対アマゾンガスについての対抗策を伝えていた。

 なお、彼女の固有能力なのか、覚醒したアマゾンの感知能力が高いという能力を持っている。また、外出時はハンバーガーショップの紙袋を胸に抱いている事が多い。

彼女の本性(以下ネタバレ)

実は櫛原たちが結成したアマゾン研究組織「擬人学会」と早い段階からコンタクトを取っており、自分たちの生活を支援させたり有益な情報を提供させる代わりに、街に潜伏するアマゾン達の情報や映像を研究材料として提供していた(ハンバーガーショップの紙袋の中に隠しカメラを仕込んでおり、それで映像を撮影していた)。

また、昇に対する感情は愛情というよりも幼稚な執着心と言うべきものであり、「昇を絶対に生き延びさせる」という当初はヒロインらしく見えていた言動も「昇が望まなくても彼にアマゾンを捕食させる」「昇が精神的に壊れて廃人になる事は別に構わない」「昇からの信頼を失い、決別を言い渡されても気にしない」というように狂気を帯びた実態が明らかになっていく。

昇を生き延びさせるという目的の為ならば、誠司を惨殺してその肉を食わせたり、他のアマゾンを昇の食糧・囮・捨て駒として扱うなど、行動自体も冷酷かつ過激になっていった。
櫛原はその姿勢を「人間くささではない人間らしさ(目的の為ならば手段を選ばない非情さ)」と分析し、存亡の危機にある実験体アマゾン達に必要なものと評している。

関連項目

外伝_蛍火

関連記事

親記事

外伝_蛍火 がいでんほたるび

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「飯柴紬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました