ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

東武野田線の駅の一つ。船橋市北部の飛地に存在する。

駅構造

東武野田線

乗り場方向方面備考
1上り新鎌ヶ谷六実春日部大宮方面柏以降は別ホームに乗換
2下り船橋方面


利用状況

  • 平成30年(2018年度)の1日平均乗降人員は26,529人。毎年若干ではあるが減少傾向にある。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度27,307人
2009年(平成21年)度26,865人
2010年(平成22年)度26,458人
2011年(平成23年)度25,998人
2012年(平成24年)度26,390人
2013年(平成25年)度26,702人
2014年(平成26年)度26,219人
2015年(平成27年)度26,465人
2016年(平成28年)度26,518人
2017年(平成29年)度26,756人
2018年(平成30年)度26,787人
2019年(令和元年)度26,529人


駅周辺の特徴

駅前の道路は非常に狭く、閑散としており老朽化した空き物件が目立つ。
そのほかにもこの町は問題を抱えており、子育てや防犯上、インフラ面であまり好ましくない点を未だに多く残している。地元の住民も自覚しているのだが、人口減少に加えて少子高齢化の傾向が強くなっている上に、これといった地場産業も無いため地域の活性化が難しい状況が続いている。
ふなっしーの故郷という設定だが、平成22年から平成24年辺り(うろ覚え)で二つあった梨畑の一つがいつの間にか宅地に変わり、沿線沿いの一か所を除きほぼ全滅に近い状態になっている。
また、Wikipediaによると運動公園が近いのだが、そこに至る歩道は人一人歩くのがやっとであり、車の往来が激しいため身の危険を感じる事もある。加えて、周囲に民家と街灯も少ないため夕方に子供だけで帰るのはお勧めしない。しかも運動公園自体も老朽化したまま放置されているので、駅周辺の地元の人間が行く様子をまず見た事がない。
もうひとつ誤解がWikipediaにあり、タクシーが駅前で拾えないと書かれているが、営業所は駅を出たすぐそばにあるのであまり距離的には気にならない。むしろ、屋根つきの営業所で数台待機している事の方が多い上、配車用の直通電話もあるために他の駅よりかなりましだったりする。

生活上の問題点で特に辛いと言われるもの

居住問題

駅周辺は閑散としており閉塞感が凄まじく、景観があまり良くない。駅前に飲む場所だけは昔は辛うじて多かったが、店主らの高齢化と繰り返される不景気に耐えられず軒並みつぶれた。周囲で十分な買い物ができないため生活に車が必須。医者に偏りがあり歯科は多いが、産婦人科医と小児科専門医が周囲に全く無い。内科もやや遠方にあるので、インフルエンザや胃腸炎で体を壊した人は無理せず自家用車を家族に運転してもらうかタクシーを使うことである。

また、駅近くにドブ川があるため夏は悪臭が酷く、何度か氾濫した事があり駅改札部も一度浸水した。最近では平成25年台風26号が通った際に駅周辺で大人の腰辺りまで浸水したらしく、youtubeにその様子がアップされている。実は船橋の中でもこの地域は高台にあるのだが、駅周辺だけ周囲に比べて低くなっており、水を集めやすい地形になっている。また、一部の地域で下水道が整備されておらず、夕方に下水の悪臭が道路脇の側溝から立ち込める。

地形にも問題を抱えており、坂が多すぎる・道路が狭く渋滞しており陥没が酷い・そして前述したとおり所によっては冠水しやすい地形もある。そのために、駅を降りると多くの人が家に帰るまで急な長い坂を登らなければならない。そして、公園の数が少ない上、ボール遊びを始めとした遊戯が全ての公園で全部禁止されているために子供が外で遊ぶ事が全く出来ないことなどから、地元の子供からの評判も芳しくないらしい。

東日本大震災では東武野田線が運行を中止したことで、地元の人によると帰宅までの道のりが船橋駅から毎日3時間以上歩くという悪条件になったという(船橋からのバスもわずかにあるのだが、本数が少なく常に満員で乗車できなかったとのこと)。このような理由から、「何らかの大災害に遭うと隣町まで遠すぎるために、陸の孤島となって逃げるのが不可能と判断し、仕事上の都合で長年間住んでいた者でも東日本大震災をきっかけに離れた」という住民もいる。

もう一点注意すべき点があり、土地に余裕がないことから、再開発や新規の宅地造成が難しく、ほとんどが代々住みついている地元の人間と、居住年数の長い他方からの移住者に限られている。これらの建物の多くが老朽化を始めており、加えて建物同士が狭い範囲に多数密集しているため、大規模な災害が発生した場合、倒壊した建物が非常に狭い道を塞いで逃げられなくなる可能性が高いのである。

更に木材を主とする瓦礫が燃え上がった場合の事を想像してほしい、恐らく多くの人が逃げる事も出来ずに閉じ込められて息を引き取るだろう。洪水・火災・倒壊と、大きな危険性があるのだが、当の船橋市はこの地域の危険性に気が付いておらず、長年にわたって特に防災計画も無く放置された状況が続いている。(実は市議会議員で一人この地域の危険性に早くも気がつき、防災計画を立てるよう市に訴えたのだが、どうにも動かず疲れて止めてしまった。)

マナー

歩き煙草をしている成人が多いため、道に吸殻が散乱している。地元の住民の声によると、犬の糞を始末しない飼い主が非常に多く、夜間暗すぎるために引っかかる可能性が高いとのこと。そして、地元の学生がイタズラや器物破壊を繰り返していたため住人らがよく学校に抗議をしていたという。

治安

住民によると、街灯の数が少ないことから、夜に外を歩く際は身の危険を感じるという。加えて放火の疑いと思われる不審火や空き巣、ひったくり、変質者も多く、夜間は暴走族が爆音を立てているために眠れない事も少なくない。
そのため、学生の不良率も高く、心労を患う教師の話も多く聞き、前述したとおり物的被害も多かった。また、季節限定になるが、地元の夏祭りはDQNが会場に圧縮した状態で集まるので絶対に参加しない方がいいとか。極めつけに最近、とうとう交番が廃止されたようで、暮らしていくにはやや覚悟を強いられる土地らしい・・・。

隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
急行通過
普通鎌ヶ谷駅馬込沢駅塚田駅


関連項目

東武野田線 船橋市 鎌ヶ谷市
千葉県内の駅一覧

足立区 - 類似点が多い。ただし、こちらは行政が改善を図った為に人口が増えている。
墨田区 - 火災が広まった場合こちらも手がつけられなくなる点で似ている。

関連記事

親記事

千葉県内の駅一覧 ちばけんないのえきいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「馬込沢駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント