ピクシブ百科事典

魔装

まそう

漫画『マギ』に登場する単語。
目次[非表示]

概要

週刊少年サンデー連載漫画『マギ』に登場する語句。
物語中に登場する精霊・ジンソロモン72柱がモデルと思われる)との契約者が用いることができる、一種の変身能力のこと。

迷宮(ダンジョン)の攻略者はジンと契約を交わすことができるが、それにはジンが宿る依り代となる金属製品が必要であり、主に持ち主が愛着を持つ武器や装飾品が対象となる。このジンが宿った金属製品は「金属器」と呼ばれる。

契約者は、自身の魔力(マゴイ)を用いて金属器からジンの力を引き出すことが可能になるが、人間は魔力の総量が少ないため、ジンそのものを具現化することは不可能(周囲のルフから魔力を得られるマギの力を借りるか、ルフの濃度が濃い迷宮内であれば可能)。
そこで、金属器から溢れ出るジンの力で体を覆い、ジンに近い姿・存在となることでその力を行使するのが「魔装」と呼ばれる技術である。これが金属器の使い方の基本であり真髄である。

魔装は体を覆う範囲に応じて段階が存在する。

武器化魔装

核である金属器と、主にそれを持つ手にかけて魔装を行うこと。魔力の消費も少なく魔装も行いやすいため、習得も容易。魔装すると金属器がジンの持つ武器の形に変化する。

また、武器化魔装は武器自体の形状を変化させることも可能である。
アリババを例に挙げると、彼の武器化魔装「アモンの剣(アモール・サイカ)」は幅広の刃を持つ大剣のため、当初は自身が得意とするバルバッド流王宮剣術を生かすことができなかった。そこで、魔装を金属器である「バルバッドの宝剣」の形状まで収束させた「アモンの宝剣」を後に編み出したことで、この弱点を克服した。以降は状況に応じてこの2形状を使い分けられるようになっている。

半魔装

金属器から半身までを魔装した状態。現在のところ、練白龍のみがこの姿を披露している。
全身魔装には及ばないものの、武器化魔装より遥かに強力な力を発揮できる。

全身魔装

契約者の全身をジンの力で変化させた状態。魔力消費が大きいもののその分強力であり、ジンの能力を最大限に引き出し操ることが可能。

魔装の容姿や能力はジンごとに異なり、契約した各ジンに似た風貌になる。
主に髪が伸びて変質し、服装は華美且つ露出の高いものとなる。額に目が縦に開いて三つ目になることが多い。また、翼のような構造を持たずとも魔力消費によって自在に空を飛べるようになる。
ソロモン王のモチーフなのか、いずれも滑車のような小さな装飾を胸元等に持っている。

この姿になると、大技である「極大魔法」を発動することが可能。

全身魔装が判明しているキャラクター

シンドバッド
練白瑛
練紅玉
練白龍
ムー・アレキウス
練紅覇
アリババ・サルージャ
練紅炎
練紅明
アールマカン・アメン・ラー
ミラ・ディアノス・アルテミーナ
ダリオス・レオクセス
ラメトト

関連イラスト

全身魔装篇~
バアル
♦魔装♦
ちょっと前の
白玉龍アシュタロス
魔装レラージュ


検索上の注意

「魔装」という単語自体は「魔装機神」の略語としてタグ登録されている場合があるので、検索時は「マギ」を併用するのが無難だろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「魔装」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 498979

コメント