ピクシブ百科事典

17歩

じゅうななほ

17歩とは賭博堕天録カイジに登場する二人用変則麻雀である。

正式には「地雷ゲーム『17歩』」である。

概要

麻雀をモチーフとしたゲームだが、二人で行う独特のルールが特徴的。まず全自動雀卓を使いを作る。先手と後手を決め、先手側のプレイヤーは自分から見て左右の山のどこか好きな箇所の牌をめくりドラを決定する。

その後、それぞれのプレイヤーは自分の前にある山(34枚)を使い3分以内にその中から13枚を選び、聴牌の状態を作り出す。使わなかった21牌は捨て牌となる。

互いに手牌が決まったら先手から順に使わなかった21牌を場に捨てていく。ロンが出るまで互いに牌を捨てていきお互い17回捨てた時点でロンが無かった場合は流局となる。

ツモは存在しない、また最初に選んだ34枚で完成形(14枚)となった場合であっても天和地和とはみなされず、ロン和了をするしかない。また暗槓、明槓、ポン、チーは出来ない。

どちらかが振り込んだ時点でそのゲームは終了。最初に決められた賭け金に対して満貫に振り込んだら1倍、跳満であれば1.5倍、倍満であれば2倍、三倍満であれば3倍、役満であれば4倍、ダブル役満であれば8倍の金額を支払う。流局になった場合は賭け金を2倍として次の試合に持ち越される。

また、この性質上ルールは満貫縛りであるため、暗槓出来ない事を考えると少なくとも4翻(平和形の場合は5翻)無いと和了は認められない。最初に立直(この立直はダブル立直にはならない)は必ず行う為、1翻はあるが残り3翻または4翻役が無いと和了出来ない。但しこの満貫縛りにはドラを含めても良いため、通常の麻雀の満貫縛りでは認められないような立直、ドラ3などは認められる。また一発河底撈魚など偶発役を含めて満貫であっても構わない。但し裏ドラについては和了後のボーナス扱いである為裏ドラ込みでの満貫は認められない。

また最初に必ず立直を行うため、アガリ牌を見逃した場合は振聴となりロンできなくなる(延いてはあがれなくなる)。また、自分でアガリ牌を捨てた場合もロンできなくなる。但し片和了は認められている為例えば2,3の1,4両面待ちで1なら立直、平和のみ、4なら立直、平和、断ヤオ九三色同順なら4であがれる。但し1が先に切られた場合は振聴であがれない。

その他、細かいルールは以下の通り

  • 最初の手牌選択で聴牌出来なくても立直しなければならない。流局時に聴牌してない(不聴立直)ことは問われない。
  • ダブル立直、天和、地和、槍槓嶺上開花門前清自摸海底撈月三槓子四槓子はない
  • ローカル役(人和流し満貫含む)はない
  • 必然的に河底撈魚は最終牌を捨てるのが後手であるため先手しかできない
  • 場風牌は東、自風牌は先手、後手共に西となる
  • 親と子の概念はない
  • 先手の1手目で後手がロンした場合立直が付くのかは不明(作中ではその状況はなかった)

関連タグ

麻雀 賭博黙示録カイジ

pixivに投稿された作品 pixivで「17歩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 978

コメント