ピクシブ百科事典

D.D.クロウ

でぃーでぃーくろう

D.D.クロウとは、アニメ「遊戯王5D's」および遊戯王OCGに登場する鳥獣族モンスターである。
目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
相手の墓地のカード1枚を選択し、ゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

概要

遊戯王OCGに登場する闇属性・鳥獣族のモンスター。
相手の墓地に存在するモンスターを1体選択してゲームから除外する効果を持つ。
相手の墓地に存在するカードを利用する事を妨害できるというだけでも強力なのだが、それに加えてこのカードは相手のターンでも発動でき、カウンター罠以外のカードにチェーンできる。
つまり相手が死者蘇生などで自分の墓地にあるモンスターを蘇生しようとした際にこのカードをチェーンして除外すれば、このカード1枚で相手は墓地のカードを失うのに加えて蘇生カードまで無駄遣いすることになるのである。
ハンデスカードでこのカードを手札から墓地に落とそうとしてきた場合でもそれにチェーンして発動することで相手の墓地に存在するカードを除外できるため、高い確率で相手の墓地利用を妨害できる。
ステータスが低いためサーチ・サルベージがしやすいのも魅力である。
このカードが登場したばかりの頃は墓地に高速で狙ったカードを落として利用するタイプの1ターンキルが横行していたため、それを妨害できるカードとしてこのカードの評価は更に高かった。
現在ではそうした1ターンキルのキーカードになるようなカードは禁止カード制限カードになってしまったが、それでも自分の墓地に存在するカードを利用するデッキは多いため依然このカードは強力な妨害カードとして使われている。
ただ、マクロコスモスなどの無差別除外カードを複数投入した【次元】や、墓地にカードがたまりにくいペンデュラムモンスターが多いため、このカードが手札に来ても使いどころが少ない【クリフォート】など、墓地利用を多用せずとも環境上位や中堅カテゴリーに一矢報いられるデッキもあるため、メインデッキに投入せず、サイドデッキに忍ばせるプレイヤーや、別の手段での妨害を検討するプレイヤーもみられる。

ちなみにカードイラストの背景には次元の裂け目が描かれている。相手モンスターをそこに放り込むのだろうか。

アニメ『遊戯王5D's』ではクロウ・ホーガンの回想で幼少期の彼がこのカードを拾っている。これはアニメでは攻撃力・守備力が低いモンスターカードは使えないカードとして捨てる者が多く、遊戯王5D'sで描かれた時代では特にそういった低レベル・低ステータスのカードをクズカードと見做す価値観が蔓延していたためである。とはいえステータスは低くとも上記の通り強力な効果を持つこのカードを捨てるというのはもったいない話である。
このカードはクロウが使用するBFの大半のカードとは種族・属性が共通するため相性が良く、ゲーム作品では実際にクロウのデッキに投入されることも多いのだがアニメで描かれた限りではクロウがこのカードをデッキに投入した様子は確認できない。

関連項目

遊戯王OCG 鳥獣族
クロウ・ホーガン
カードエクスクルーダー

pixivに投稿された作品 pixivで「D.D.クロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8322

コメント