ピクシブ百科事典

FG42

ふぁるしるむいぇーがーげべーあつばいうんとふぃあつぃひ

1942年にドイツのラインメタル社が降下猟兵用に開発したドイツの汎用自動小銃である。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦中の1941年後半ごろ、ドイツクレタ島の戦いの経験から、軽量の機関銃を求めていた降下猟兵(空挺部隊)用に開発されたのがこのFG42である。

他の国では当時、例えばイギリスブレン軽機関銃のような、大量の軽機関銃 (LMG) を装備していたが、当時のナチスドイツにはブレンの先祖であるZB26武装親衛隊に限定配備されていた程度であった。降下猟兵は限られた数のMG34を使用していたが、これは他国のLMGよりも重く、コンテナに詰めて投下されたが戦闘中に回収できないことが多く、兵が携帯して降下できる自動火器が求められた。こうしてヘルマン・ゲーリング (Herman Göring) の許可により、FG42が開発された。この銃はオートマチックで単射だけでなく連射することもできたので、分隊支援火器として使用できた(当時はまだアサルトライフル的運用概要が無かった)。

基本データ

全長937mm
銃身長502mm
重量4200g
口径7.92mm×57
装弾数20発


関連イラスト

Waffen Mädel 01
CG35- 夏休の鷲



関連タグ

マシンガン 分隊支援火器 ドイツ軍

pixivに投稿された作品 pixivで「FG42」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97498

コメント