ピクシブ百科事典

Hylics

はいりっくす

Hylicsとは、Mason Lindroth氏によって作られたRPGのことである。
目次[非表示]

ゲーム概要


Hylics is a recreational program with light JRPG elements.
Hylicsはインディーズの2DRPG。
RPGツクールVX Aceを用いて制作され、
2015年10月3日にSteamにてリリースされた。
お値段は300円。プレイ時間は映画一本分(3時間)ほど。
現時点での最低システム要件はWindowsXP, Vista, 7, 8 なので、
Windows以外のユーザーの方は注意。
原語版は英文であり、いまのところ日本語には対応されていない。
しかし、ほとんどが短い文章であり、
長文を解読するような謎解きもないため、
(登場する詩的な言い回しそのものの難解さは別として)
非日本語対応ゲームのなかでは遊びやすい部類である。


可塑性冒険世界


Mason Lindroth氏みずから「JRPGの要素を盛り込んでいる」と銘打っているように、
ストーリーそのものは仲間を集めてラスボスを倒しに行く、という王道的なもの。
戦闘もドラクエのように王道的なコマンド入力式である。
しかし、”経験値”と”レベルアップ”という概念が道中存在せず、
ステータスを上昇させるにはPapercupやMeatといった
特別なアイテムを使用しなければならなかったり(しかもMeatは死後にしか使えない)、
新たな技を身に着けるためにはテレビを見なければならなかったり、
ステータスの上昇に寄与しない装備品があったりなど、
RPGの既成概念をひっくり返すようなシステムを採用している。

Hylicsの魅力は、なんといってもその奇抜な雰囲気につきるだろう。
グラフィックはクレイアニメを取り込み色調を変換させてつくられており、
CGやドット絵とは違った不可思議な暖かさにつつまれている。
一部のキャラクターの会話やメッセージはランダムテキストで生成され、
あたかも詩のように未来を映し出すことも。
それどころかストーリーの文言も一部ランダムテキストであり、
プレイするたびに話の印象が変わる。
また、登場人物のほとんどが異形頭であり、
この世界における役割を暗示したものとなっている。


"プレイヤーの目標は目に見えるもので誘導されるんだ、環境デザインによってね、
だから私はゲームの外観をなにかジョークや気をそらすものへ自由に作ってもいいと思ったんだ。
あらゆるものがそこで意味を示すようにね。"
--Mason lindroth氏。KILLSCREENでの取材に答えて


登場キャラクター


PC側

WAYNE

Hylicsまとめ


主人公。やる気のない走り方は一度みたら真似したくなるだろう。

DEDUSMULN

ディダスムン


考古学者。古代文明の遺物であるPapercupの収集と研究に並々ならぬ情熱を燃やす。

SOMSNOSA

無題


虫の女王。Wayneのことを知っていた模様。彼女の歌が聞きたければライブに行くべし。

PONGORMA

HYLICS一周年祝い!


※手前の赤い角の人物
暗黒騎士。強い奴をずっと待っていた。料理のステータスがダントツ。

NPC側

Hylicsまとめ2


DRACULA

幕間に登場する白い人。なにかと謎の多い人物。

GIBBY

月の王。彼を倒すことがゲームの最終的な目標となっている。


トレイラー






操作方法といくつかのヒント(ネタバレなし)



 ○ゲームウィンドウはAlt+Enterで全画面と切り替えることが出来る。

 ○戦闘中、左入力で”FIGHT(戦闘続行)”か”ESCAPE(逃走)”かを選択できる。

 ○死後の世界から出たいときは、クリスタルをチェックしてからゲートを調べよう。クリスタルの色に対応した場所に復帰できる。

 ○船は桟橋を調べることで近くに呼び出すことができる。

 ○決定&調べる&キャラとの会話は”X””Z””Space”で。選択のキャンセルは”C”。メニュー画面を開くときも”C”。

 ○キャラクターとの会話で、ランダムテキストとなるのは”モニャモニャ”とした効果音付きのもの。効果音のない定型メッセージは進行のヒントとなる場合が多い。


トリビア


 ・タイトルの「hylics」とは、医学の専門英語で”髄組織”を表わす名詞hylicの複数形である。形容詞としてのhylicという単語もあり、こちらは”物質的、物に即した”の意。 

 ・WayneとGibbyの名前の由来はwaning moon(半月以降欠けていく月)とgibbous moon(凸月)
のもじりではないかとファンたちは推測している。

 ・BGMに関しては、エンディング後のクレジットに一切記述がないため、おそらくMason lindroth氏みずからの作曲&演奏によるものであると思われる。

 ・Hylicsの原型となったのは、同じくMason lindroth氏の制作した『Somsnosa』というゲームである。Hylicsに登場人物の名前と家が受け継がれたほか、画面構成などに面影が残っている。ちなみに氏の処女制作ゲームは『Asmosnos』という作品であり、他にも 『Mossnaso』というゲームも作られている。本作の登場人物であるSOMSNOSAの名前はちょうどアナグラムとなっている。正確な関連性は不明だが、氏の脳内を覗いてみたければプレイしてみるのもいいだろう。

 ・プレイヤーキャラの名前の読み方?
  WAYNE:うぇいん DEDUSMULN:でぃだすむん?
  SOMSNOSA:さむすのざ? PONGORMA:ぽんごーま?
  (海外の実況動画を観ると分かるが、ネイティヴですら困惑する程度の難読名なので、ファンごとに読み方が違ってもいいレベルである。)

 ・ステータス画面でのキャラクター説明(DOSSiERの項目でみられる)も、一部ランダムテクストである。ゲームの進行に応じて文章が変化するので、定期的にチェックしてみるのもいいだろう。

 ・タイトル画面では背景をキャラクターたちの姿が流れていく。Wayne,Dedusmuln,Pongormaの姿もみえるが、なぜかSomsnosaはいない。

 ・触れると即死する恐怖のモンスターAmbulant skullは、同じくMason lindroth氏の作成したブラウザゲーム『Weired egg & Crushing finger』から登場したキャラクターである。

 ・何曲かのBGMは、同じくMason lindroth氏の作成したブラウザゲーム『Lullaby』で使われていたものである。例えば、タイトル画面の曲はLullabyの23チャンネルで流れる曲である。

 ・Dynamite使用時には核実験をサンプリングしたアニメーションが流れる。これは1955年にアメリカで行われた核実験であるティーポット作戦にて、原子爆弾apple-2の炸裂した際の映像である。その日ティーポット作戦では核兵器が建築物に与えるダメージの計測が行われていたのだった。

 ・Burrito(ブリトー、もしくはブリートー)はメキシコ発祥の、墨および米国ではポピュラーなファストフードである。トルティーヤで具材をまいたもので、地域によって調理法に特徴がある。ちなみに、アメリカでは「ブリトーはサンドイッチではない」とする判決が裁判ででたことがある。
 



外部リンク


Steam:Hylics

Mason Lindroth氏のTwitter
Mason Lindroth氏のTumblr

KILL SCREENでの紹介記事




別名・表記ゆれ

hylics HYLICS



この記事のカテゴリ

ゲーム RPG

pixivに投稿された作品 pixivで「Hylics」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73119

コメント