ピクシブ百科事典

神学

しんがく

神学とは、信仰を前提とした神をはじめとする宗教概念について理論的に考察する哲学であり、全ての学問の起源とも言われている。
目次[非表示]

概要

信仰を前提とした上で、伝統宗教における神仏を始めとした概念を理論的に考察する哲学であり、全ての学問の中でも最も古いものの一つで、それらの起源とも言われている。
神道仏教では『教学(きょうがく)』や『宗学(しゅうがく)』『護教学(ごきょうがく)』と呼ばれることもある。

詳細

近代科学が成立する以前の学問は一つだけであり、そこには文系理系といった区別が無
く、その一つの学問の中でも重要な位置を占めていたのが神学であった。
神学とは簡単に言えば「神や仏、聖書や仏典などの経典、聖職者に口伝えで受け継がれる伝承にある教えが、突き詰めていくとたどり着く正しい答えである」とする学問である。

当時、神学民衆にまで浸透していたため、庶民は深く考える必要が無く、例えば西洋ではキリスト教のトップが世俗でもあり、そうして生活の全てが宗教の制約下におかれる時代が1000年近く続き、その反動から起こったのが、14世紀から16世紀に起こったルネサンス(人間復興運動)である。

だがルネサンスが終焉すると、更にその反動から教会は異端を排するための魔女狩り宗教裁判を何度も起こすようになり、ガリレオ・ガリレイジョルダーノ・ブルーノは、そうした裁判にかけられたことで有名である。

そうした出来事を経て、宗教界科学者はお互いに干渉しないところに漂着し、一つだった学問哲学数学などを扱う神学と、自然科学社会科学を扱う近代科学とに分離し、その後も細分化が進んでいき、特に自然科学は同じ研究の領域にいる学者が世界に1人か2人しかいなくなるほど専門化が進んでいる。

関連タグ

信仰 宗教 伝統
経典 伝承
学問 哲学
ルネサンス

pixivに投稿された作品 pixivで「神学」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント