ピクシブ百科事典

SCP-056-KO

ぺーじにあくせすしないでください

君は今まで、一体どんな【想像】をしたんだい?
目次[非表示]


警 告
大韓民国SCiPNETアクセス統合告知

通 知 日: 2014.06.29.
通 知 者: SCP財団総務部情報監視チーム長 ウィル・ハートマン、内部連絡部長 李燦
役 印 省 略

貴方がどの程度のセキュリティクリアランスを保持していようが―もちろんL4以上の権限を保持しているからこそこのページにアクセスできているのだろうが、それは然したる問題ではない。
単純な参照や定期点検だ、と言い張ってくれても構わない。貴方は必ず後悔するだろう。
だからこそ、手遅れになる前に今少しだけ私の言葉に耳を傾けてほしい。

今すぐに、続きを閲覧しようなどと考えずにページを閉じよ。

これは脅しではない。もしもこれ以上の閲覧を続けるというならばこう言おう。
貴方は必ず後悔することになる。 貴方のアクセスページ番号がこれ以上深部へ進むことがあったならば、財団データベース監視プログラムにより貴方の居場所がどこであろうとも特定され、すぐさま対応チームが出動し、小さくは人事上の不利益から、大きくは…状況に依るが、即時の射殺許可も降りるだろう。

私が何故"対応チーム"と言ったのか疑問に思っていることだろう。
それは、貴方がこのページの閲覧続行を心に決めた瞬間から、貴方は財団の利益に仇為す存在であると看做されるということだ。
選択権は貴方に委ねられる。同時に貴方は自分の選択の責任を負う準備をしなければならない。


我々は確かに警告をした。





















警告 : これ以上ページを閲覧しないでください !!



















警告 : これ以上ページを閲覧しないでください !!




















警告 : これ以上ページを閲覧しないでください !!




















警告 : これ以上ページを閲覧しないでください !!



















 
       ❏ ❏ ❏ ❏ ❏ ❒ ❏❏ ❏❒ ❏ ❏ ❏ ❏ ❒
      ❏❒■ ■■❏ ■■ ■❏■ ■❏■❐■■❏■■■❐■■❏■ ■■❒■❏■ ■❏
        ❏■❏■■■❏■■❑❏■ ■ ■■❏■❒■❏■ ■❏■■■❏ ❒■ ■❏■❏
     ❒■■❑■■❏■❏■■■❏■■❏■❒■ ■ ■❏■■ ■❐■■❏■■❏■■■❒■❏
        ❏❏■■■❒■■❏■■❑■■❏■■■❏■■ ■❏■■■❑■■■❏■■❏■❏■ ❏
      ❏■❏❏■■■❒■■■❏■❐■■■❐■■❏■❏■■❏■■❏■■■■❏■■❏❏
       ❏❏■■❐■■■❒■■❏■■❑■■❒■■■❏■■❑■■❒■■❒■■■❏■■❏
      ❏■❏■■■❏■■❏■■■❒❑■■■❏■❐■❏■■❐■■■❏■■■■❒■■❏■❏
❏❏❏❏❏■❐❒■■❒■■❏■❏■ ■■ ■❏■■❒■■■❒■■■■❒■❏■■■❒■❏
      ❏■■❐■■■❑■❐■■■❏■■❏■■ ■■❒■■❒■■❏■■❒■■❏■■■❏
    ❒■❏■■❏ ❏■■■❒■■■❏■■■❏■■❏■■❑■■❏■ ■■❒■■❏■■■■❐■ ■ ■
        ❏■■❐ ■■ ■■❐■❒■■❒■■❐■■■■❏■■❒■■ ■❏❐■ ■ ■■❏
   ❏■❏■ ■❏■❐■❑■■■❏■■❏■■■❏■■■❑■■■■❏■■❑■■■❏■■❏■■❏
        ❐■❏■■❒■■❐■ ■■❐■■❒■■❏■❐■■■❏■■❐■■❒■■❒■❑■■■❐
   ❏■■❏■❑■■■■❐■■❏■■■❐■■■❏■■❏■■❐■■■❐■■■■❐■■■❒■■■❐
       ❏■■■❏■■❒■❐■■❐■■■❏■■❐■■■■❐■■■❐■■■❐■■■❑■■■❐■
         ❏■❏■❏■■❐■■ ■■❒■■■❐■■■❏■■■❒■■■❏■■■❏■■❒■❏❏
       ❏ ❏ ❑ ❏ ❒ ❒ ❏ ❏ ❏ ❏

















私は貴方を怨もう。貴方を呪い、そして罵ろう。貴方のその高い職務責任とセキュリティクリアランスに見合わないつまらぬ好奇心を憎悪しよう。そしてその好奇心と引き換えになった、財団と世界の運命を歎こう。

……斯様な状況で何を躊躇うことがあるだろうか?今、全てを語ろう。



もしも既に対応チームが乗り込んできていたり、読む途中で乗り込んできたとしたら「今ウィル・ハートマンのメッセージを読んでいる所なんだ」と、言えばよい。彼らは少しだけ待ってくれるはずだ。


概要

オブジェクトクラスは元Euclidで現在はketer

このオブジェクトは何だと言えば「サイバー空間に存在するとされる実体」であり、サイバー空間のウェブページとハイパーリンクを用いて3次元ネットワークモデルに構成される際には、アメーバのような様相を呈します。

SCP-056-KOはウェブページ上の特定の点に異常な影響を"感染"させ、感染部分に視覚的な接触を持った人間は未知の方法で自身の視覚情報をSCP-056-KOを共有するようになり、オブジェクトは対象が頭の中で思い描いたイメージ、想像の産物を複製或いは強奪して吸収します。
平たく言えば「人間の想像力を餌にしている」のだが、問題は人間の想像力を餌にしているだけではなく餌にした想像を元に現実を改変するという異常特性も有しているのである。

しかもこのSCP、タチが悪い事に危険な想像や凄惨な想像などを明らかに優先して吸収、現実改変を行っているのだ。
例えば「良からぬ性癖等を持っている人間達が集うコミュニティに触れると、翌月から性犯罪の検挙率が急増」「とある環境保護団体のウェブサイトに到達した後、とある国の熱帯雨林が急速に消失」といった具合に現実が悪い方向へとねじ曲がっていってしまうのだ、特にクリーピーパスタ創作サイト、SF作家のサイト、ホラー小説コンテスト、学校やコミュニティなどの文芸出展サイトにでも接触されようものならそれこそ新たなSCPを生み出すなんて財団にとっては洒落にならない事件にまで発展しかねないのだ。
更に感染してしまっているウェブページは世界各国に無数に存在していて、「SCP-056-KOの影響を受けているウェブページのリストを作成し、アクセス数及びアクセスIPアドレスを監視」「財団職員は大学生アンケートなどに偽装して該当サイトを閲覧した民間人の危険な想像内容を把握し、予想される障害及び災害の発生位置にあらかじめ構成員を派遣し、人的被害を最小限にとどめる」「該当ページは確認され次第ソースレベルで完全に閉鎖」、といった様々な方法でこのSCPに対しての対応を行って「いた」





・・・・・実はこの時点では財団はある「致命的な見落とし」をしており、これがこのSCPがketerへと再分類される理由となるのである


keterへの再分類の理由


確かに財団はあらゆる手段を用いてこのSCPの影響に対応していた、それこそ世界各国のウェブページを監視したりといった方法も行った、だが財団は「致命的な見落とし」をしていた。

それは、「財団用のネットであるSCiPNETそのものに関する監視をこの時点では忘れていた」のだ。
「もしSCP-056-KOがSCiPNETに接触した場合」、セキュリティ違反が発生するか、それとも単純にSCP-056-KOにSCiPNETが抵抗できるのか、この時点では分かっておらず、「後頭部にナイフや銃口を突き付けられている」状態に等しいのである。
SCPに詳しくない人達の中には「何で財団用のネットであるSCiPNETに接触されるのがそんなに危険なの?」と思う人もいるかも知れない、SCPに詳しい人達の中には背筋が凍りつく人もいるかもしれない。
それはなぜか?wikiにある様々なSCPの報告書の中には削除済み]や編集済み]といった部分や■■■■■といった感じの伏せ字を多くみてきたであろう、そしてその部分に一体何が記載されていたのか想像をした人も多いだろう、それこそ場合によってはおぞましい想像や凄惨な想像、背筋が凍りつくような想像もしてきた人も沢山いるであろう、そしてそれは財団職員だって例外ではないのだ。
つまり財団職員や「SCP_Foundation」という作品に深くかかわってきた我々も読者だったり研究者であったり収容スペシャリストであったりするが、それと同時に検閲部分からあらゆる凄惨で暗澹たる何某かを想像する作家でもあるのだ。

これで分かっただろうか?「もしSCP-056-KOがSCiPNETに接触した場合」を何故恐れるのかを、それは即ち「SCP-056-KOが好む凄惨な想像やおぞましい想像などが財団職員達にはこれでもかという程に大量にあるから」なのだ、それこそ中にはK-クラスシナリオ(人類滅亡の事)に直結しかねない想像だってあり得る。




・・・・・・・そしてある時、とうとう恐れていた事が発生した。



SCP-056-KOがSCiPNETの存在を感知、SCiPNETの一部を感染させたのだ。

この事案により、この忌まわしき情報実体はSCP-056-KOとなったのだ。(元々、この情報実体は番号が振られていなかったがよりにもよってSCP-056-KOのページに接触したからこの番号が振られたのである。元々この番号には別のSCPが存在していたがこの事案を以って別の番号に振られるようになった)
SCiPNETのセキュリティ違反事案がオブジェクトの隔離手順(収容プロトコル)の維持に対して致命的なものであり、その後は財団のデータベース上、つまりは"SCiPNETそのもの"をオブジェクトの隔離起点としなければならないという意見が採択され、それに伴いSCP-056-KOはKeterに再分類された。
収容プロトコルも更新されて以下の内容が加わった(この内容は全ての職員に例外なく適用される)


1:クリアランス4未満はこのページにアクセスする事自体を禁止

2:クリアランス4以上に関しては財団総務部情報監視チーム長 ウィル・ハートマンの非常警告文を最上部に掲載することでそれ以上の閲覧を自制、更に警告文を無視された場合を想定して縮約された形態の警告文を4度にわたり掲載(この記事の最初の警告文と4度の警告メッセージが正しくそれである)
また、ウィル・ハートマンの直属部隊であるSCP-056-KO専任対応チームが該当職員を特定,無力化しその程度によって人事に降格処分などを下す
もしも該当の職員がすべての警告を無視しSCP-056-KOの異常特性に暴露した場合、該当の職員のセキュリティクリアランスなどに関わらずウィル・ハートマンの直属対応チームが相応しい措置(これには最悪、現場でその職員を即座に終了(処刑)を含める)を下す。

3:このSCPの情報の配布と閲覧は、この報告書を印刷した紙媒体のみ可能(紙媒体ではこのSCPの特性は発揮しない)


そもそも、SCP-056-KOが一体どのようにしてSCiPNETの存在を感知し、セキュリティシステムをどのように妨害したかについての絶対的な仮説は存在しないが、ある研究員は
「.……私が心配している最大の懸念は、誰かが我々の財団のような架空の組織を想像し、そのデータベースが何者かによる攻撃を受けたと想像していた場合です。その人物のイメージを獲得したSCP-056-KOは、そのイメージを現実のものとするために、全てのセキュリティシステムを飛び越えて、我々の財団のデータベースに直接入り込んできた可能性があります。」
という仮説を述べたのである。


当然、財団も手を拱いている訳にもいかず、様々な手段を用いて無力化を行ったがその何れも成功はしていないのが現状である。
ある時は感染したページに対して、財団で最も優れたハッキングプログラムを含めた幾多の手法による攻撃の試みが実施されたが撃退は成功しなかった。
上記の奇妙なモザイクの様な痕(WIKIでは画像になっている)は、財団とこのSCPの間に起った激しい戦闘の跡であると同時に、このSCPの影響力が実際に現れている個所でもあり、更に財団の開発したプロトタイプ反認識災害プログラムを用いて覆い隠してなお、その影響力は健在である。
ある時は順行性健忘症候群患者であるDクラス職員を用いて行われた最新の無力化実験でも、Dクラスが「過去に想像していた」シナリオが現実に反映されたり、ならばと「過去に想像したシナリオが無い」ような子供に曝露させてみたがオブジェクトの損失を始めとした財団への多大な被害をもたらしただけで芳しい成果は得られなかった。












さて…もうここまで読んだのならば、メッセージをすべて読み終わったということになる。対応チームの面々には、次のように伝えてくれ。「マドラスドレスを纏ったルーシーは、お婆さんが沸かしたココナッツスープを今1度味わいたかった。」私のメッセージを、誠意を持って最後まで読んでくれた見返りに、対応チームの配置を解除し、始末書のテンプレートを与えよう。これを使って始末書を書き、インターネットで私に提出してくれ。もう大丈夫だ、安心したまえ。








関連タグ

SCP

SCP_Foundation

ワラキアの夜 人間の噂や想像を現実に具現化する能力や異常特性繋がり




























































まぁ、どうせその始末書を私が読む事はない。貴方の人事記録は財団から抹消されるだろう。
これはこの世にはびこる"悪意"、その責任を問うための私なりの"正義"だ。
安心させといてこんな事をするのはあんまりだと、そう思うかね。
最初に言ったはずだ、私は貴方を呪い、憎悪する、と。
だから文句を言わず、安らかに眠りたまえ。貴方の家族に対する経済的支援は続行される予定だ。

ウィル・ハートマンより
心を込めて

コメント