ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

最初に

本項を読む前に、まず公式規約を読んでおこう。


応援してくださっているファンの皆さまにご注意いただきたいこと


公式に無い要素が付与された場合、そのキャラのイメージが公式と異なり、ややもすればキャラのモデルの競走馬のイメージに影響するため、公式に無いキャラ設定の追加は控えるよう留意しようウマ娘半生だからである。

……それでも付けたいのならば、今一度規約を読んで欲しい。


そもそも、「掛かる」とは?

現実世界の競馬は、騎手が協力してレースを走りぬくものである。

特に3000mクラスの長距離走では、体力を終盤まで温存しないとバテて失速してしまうので、それ相応のペースで走るように騎手が指示するが、

そんな事情を知ってか知らずか、騎手の指示を無視して暴走するお馬さんが時折いる。この状態を「掛かる」という。

そして、暴走しようとする馬と、それを抑えようとする騎手の様子を見て実況は「掛かっているかもしれません」と言うのだ。

代表的な例は2003年の京成杯で、この時人気だった武豊騎手鞍上のブルーイレヴンが鞍上の制御を無視して大暴走してしまい、終盤バタバタになってしまって大惨敗してしまい、レース後武豊曰く「僕にはもう無理です」と匙を投げられてしまうほどだった。


特にこれといった「掛かり」が発生しない状況を作るコツとかはないので、起こってしまったら潔く諦めるしかないというのが悲しいが現実である。


…まぁ、ウマ娘世界では「掛かり」に備え、回復スキルガン積みするとかで影響を低減させる方法はあるにはあるが。


つまり?

ウマ娘が掛かっており、誰か(大抵の場合はトレーナー)の命もかかっている状況である。

ウマ娘達は、競走馬並みの脚力を持つだけでなく、5tほどある特大のタイヤを引きずったり、10枚ほどの瓦を一撃で割ったりできるだけのバ力(「"ウマ"力」、決して「バカ」ではない)も持っている。

知能も高く、なおかつとんでもない怪力を誇るウマ娘が、万が一にも暴走したら。確かに人外と思われるトレーナーもいないではないしかし大多数のトレーナーはおそらく人間(哺乳類霊長目ヒト科、学名ホモ・サピエンス)である

一度暴走してしまったウマ娘に人間が抵抗するのは、それこそ命懸けの行為であり、よほどのことがない限り不可能である。


当然だが、ウマ娘に喧嘩を売るなど、もはや自殺行為である。


「落ち着きを取り戻せるといいのですが」


余談

前述したように、命がかかっているのは必ずしもトレーナーではない。

出張に行くトレーナーをなんとしても止めたいタキオン背後を取られるトウカイテイオー

トレーナーなどの行動でウマ娘の側が命の危機に晒されている場合もなくはないのだ。


関連タグ

二次創作

愛が重馬場 修羅馬 独占力 ウマ娘に人間が勝てるわけがない 勝ち馬が乗る

関連記事

親記事

愛が重馬場 あいがおもばば

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33543460

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました