2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

勝ち馬が乗る

かちうまがのる

『ウマ娘 プリティーダービー』シリーズの二次創作用語の一つ。 ウマ娘がヒトより優れた身体能力を濫用しているシチュエーションを指す言葉として使われる。
目次[非表示]

前置き

本タグの付く作品には「ウマ娘の身体能力ネタ」だけでなく、愛が重馬場卑しか女杯のようなヤンデレ化も含まれている。
本項を読む前に、まずは公式サイトにある規約を読んでほしい。

応援してくださっているファンの皆さまにご注意いただきたいこと

公式に無い要素が付与された場合、そのキャラのイメージが公式と異なり、ややもすればキャラのモデルの競走馬のイメージに影響するため、公式に無いキャラ設定の追加は控えるよう留意しようウマ娘ナマモノ寸前の半生だからである。
……それでも付けたいのならば、今一度規約を読むべし。

概要

「勝った、あるいは勝ちそうな人やものに味方して勝利に便乗し、恩恵を受けること」を意味する「勝ち馬に乗る」をもじった造語である。

主にウマ娘人間を凌駕する力を発揮して主導権を握り、相手(主にトレーナー)に対して、(メイン画像のように、)力の差を実感して、邪な考えが頭を過ったり、更にはその欲望を押し通そうとしたりするシチュエーションを指す言葉として用いられている。

実際、ウマ娘はアニメ版でもゲーム版でも明らかにヒト族より強い力を発揮している。

公式描写におけるウマ娘の身体能力の例

※一部、鍛えぬいた人間なら現実的に可能なものも含まれているが、彼女たちウマ娘は、女子中高生と同等の年齢、体格であることを留意する必要がある。

  • 時速約60kmで1000~3600mを走れる(100mを5.8秒。人類最速であるウサイン・ボルトの瞬間最高時速でも約45㎞がやっと、そもそも全力疾走における人間の継走距離は筋肉の都合上本来100mもない)。
    • 速すぎると様々な危険性が存在するためか、道路上にウマ娘専用レーンが設けられる程。
  • を数メートル蹴り飛ばす。
  • ホウルトラック用巨大タイヤ(重量約5t)を引っ張る。
  • 10枚重ねの瓦割りを余裕でこなす。
  • 吊り下げたサンドバッグ(重さ40~60kg)を殴ってぶち上げる。
  • 規格外の重さのダンベル、バーベルを軽々扱う。(大人しそうなウマ娘でも平気で「150kgのバーベル」という単語が口から出てくる上それを持ち上げる)
  • 溝に嵌まった自動車を一人で持ち上げて救出する。荷物の乗ったトラックであっても2~3人居れば可能。
  • リンゴを片手で握り潰す。推定握力約80キロ


ウマ娘怪力三銃士

ただでさえ規格外のパワーを誇るウマ娘の中でも特筆に値する描写のあるスマートファルコンカワカミプリンセスヒシアケボノの三人のこと。

  • スマートファルコン
    • シニア級の夏合宿で、一瞬だがキックで海を割る。名付けて『飛沫かけたげる☆キック』。
    • アグネスタキオン製の拘束具を破壊して脱出する。
      • タキオンは自身と同じウマ娘の膂力を熟知しているはずであり、ファル子はタキオンの想定をも上回る怪力であったことが窺える。

  • カワカミプリンセス
    • オーブンチョップで真っ二つにする。
      • スイッチを入れても電源が入らないオーブンを「叩けば直る」程度の感覚で行った蛮行。
    • 山中で行く手を塞ぐ岩をメジロドーベルと二人で投げ飛ばす。
      • ドーベルが「アタシ…必要だった?」と困惑しており、ほとんどカワカミの力でやったようなものだった模様。
    • お茶会用のティーカップの取っ手をつまんだだけで粉砕
    • 躓いて壁に張り手をかました結果壁爆砕、大穴が空いてしまった(割と頻発しているようでエアグルーヴに怒られている)

※ファル子やアケボノには生活雑貨を破壊してしまうような描写はないことから、カワカミはただ怪力なだけでなく力加減が苦手なのだと思われる。

  • ヒシアケボノ
    • 突進してきた猛牛を持ち上げる。
      • 牛は700〜1000kgの体重の持ち主であり、を持ち、尚且つ暴走しているとなると単純な怪力だけで押し通せるものではない。それをも押さえつけるヒシアケボノの恐るべきパワーとテクニックが窺える。闘牛じゃないんだから…
      上記のカワカミプリンセスと相撲して勝つ、体格差があるとはいえ特に怪力の彼女に勝つのは尋常ではない。また、強化ライン未達の場合は負けるので両者同等レベルである模様、というより規格外のサイズであるヒシアケボノと互角ということはカワカミプリンセスのパワーは大分規格外ということになる

シンデレラグレイ中描写の場合

  • タマモクロス
    • 鉄棒にぶら下がっての懸垂を繰り返した後のフィニッシュに、そのまま腕力だけで逆上がりし、さらにその勢いのまま後方数メートルまで複数回空中回転し、爪先立ちで着地。




余談

前述の通り、ウマ娘の身体能力は人間を遥かに凌駕するにも関わらず、筋肉の質量は同年代の女子と殆ど差がない。
「ウマ娘の骨格筋にのみ存在する『ウマコンドリア』なる未知の微生物が影響を及ぼしている」、「『ウマ娘の神秘』なる未知の能力が存在する」と言った仮説が存在するが、いずれも完全には立証されておらず、憶測や仮説の域を出ていない。
アグネスタキオンの研究目的にはこれらの謎や起源、正体や神秘を解き明かすことも含まれている。

一応、「本格化」という現象の存在や、「勝負服」の効能などの描写から、『ウマ娘の神秘』という未知の能力の存在はほぼ確定と思われるが、これが具体的にどういう原理の能力なのかは、はっきりとはわかっていない。

トレーナーのポテンシャル

一方で、ウマ娘を指導するトレーナーの中にも、明らかに人間離れした異常な身体能力を発揮している場面が公式描写内で見受けられる。

身体能力

  • 沖野T
    • アニメの性質上ギャグ補正もあるかもしれないが、某国民的作品の主人公を彷彿とさせる異常なまでの強靭さを見せつけている。
      • スペシャルウィーク後ろ蹴りを顔面に喰らって数m吹っ飛ばされる。しかも2回。しかし2回とも鼻血で済む。(咄嗟に放っている事から間違いなく手加減などされていないはず)
      • チームスピカ4人同時の蹴りで吹っ飛ばされても無事。骨折どころか痣もできていない。
      • ※なお、実馬の蹴りは(当たり所や蹴られ方次第だが)人を余裕で即死させる威力を持つ、特に強靭な馬の場合文字通り首が飛ぶ
      • スピカメンバーにプロレス技をかけられても無事。
      • ウマ娘のランニングに自転車で並走する。
      • マックイーンが「重い」と漏らす蹄鉄を片手で持つ。


  • ゴルシ担当トレーナー
    • G1レース勝利の度にドロップキックを受けても無事、ドロップキックは飛ばし方によっては人間でも人を殺しかねないのだが……しかしゴルシはウマ娘の中でも飛び抜けて破天荒な存在であり、作品ファンの間では最早まぁゴルシだしとか安定のゴルシとか「多分何故か手加減出来ているはず」(静止状態ならともかく助走+ドロップキックは原理上手加減不可能、インパクトの瞬間をずらせばマシになるがそれでも双方にそれなりの熟練が求められる)の一言で片付けられている。
    • また、新衣装にてドロップキックよりも悪質なランチャー型の水鉄砲で殴られたのにも関わらず無事でいる所業。


  • シチー担当トレーナー
    • ウマ娘であるジョーダンをバテるまで追いかけ回し、その後シチーの乗った車を走って追いかけ続けシチーの落したスマホを届けた。

身体能力以外


余談

速度等の出力はワーストクラスだが、持久力、特に回復力に関しては、人間は哺乳類の中でも突出して高い、自然界には42.195kmもの長距離を移動できる陸上生物はあまり居ない、居ても長期間かけての命懸けの行軍である。まして5時間弱(一般人のフルマラソン平均記録)で走り切る動物などほぼ存在せず、2時間半(世界記録)で走り切るのは人間のみである。そもそもフルマラソンすらあくまで「一番長く走る陸上競技」であり、人類種の限界ではない。
また、動物は限界を迎えると長時間動くことすらままならなくなる、人間はそこまで疲労する事は珍しく、そこまで行ったとしても一分もじっとしていれば軽いジョギング程度はこなせるようになる
しかし、作中の合宿メニューで(アニメ一期7,9話)、ウマ娘も人間と同様に長距離ランニングをこなしている描写が見られることから、持久力も人間並である可能性が高い。
その上、仮に実馬と同等の能力だったとしても、人間が粘り勝ちするとしても相当な距離を要し、そこに至る連中は大抵トップアスリートクラスであるため、身体能力で人間がウマ娘に勝つのはやはり現実的ではない。

関連項目

ウマ娘プリティーダービー(二次創作) ウマ娘
怪力 人外 独占力 うまぴょい(動詞)
愛が重馬場
ウマ娘に人間が勝てるわけがない……ウマ娘と人間の力量差を端的に表現したエイシンフラッシュの台詞

樫本理子……ウマ娘や上記トレーナーと真逆で、日常生活をまともに過ごせているか不安になるレベルの運動音痴

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー(二次創作) うまむすめのにじそうさく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「勝ち馬が乗る」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「勝ち馬が乗る」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10712036

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました