ピクシブ百科事典

かいていいせき

かいていいせき

海底に沈んだ過去の遺産のこと。なお、タグとしての使用はないがここではポケットモンスターBWに登場する海底遺跡について記述する・
目次[非表示]

ポケットモンスターシリーズに登場する海底遺跡について

サザナミ湾の深海に眠る遺跡で、一定歩数歩くと水流に流されてしまう不思議な場所。
壁面は古代文字が描かれており、通常プレイヤーは読むことができないが、ポケットモンスターBW2では、ある人物の協力もあり、ある程度は解読することが可能となった。

遺跡内には17タイプのプレートと、「こだいの〇〇」と名付けられた換金アイテムが散らばっており、4Fまで行くためには「かいりき」と「フラッシュ」が必要。一時期は5Fに伝説のポケモンがいるとか言われていたが、無論ガセである。

この遺跡は何のために作られたのか?

遺跡内の古代文字を解読するに、この遺跡はイッシュ建国神話に関わるものと見られる。
碑文に描かれた王の人物像は夢に生き、勇敢で愛情深い寛容な人物とされている。更に王は特殊能力として人間やポケモンと会話する能力や予知能力を持っていて、ある時は人々を大津波から救い、またある時はたった一人で何かに立ち向かい、何かを味方に付けたという。この何かの名前は4文字、王の名前も5文字で伏せられているが、イッシュ建国神話の内容的には前者にはイッシュ三龍の名前が、後者にはハルモニアが入ると思われる。
また、海底遺跡の碑文には王の人物像以外にも王の教えらしきものが刻まれており、命を大切にし、粗末にしてはならない。世の中には善悪では割り切れない事情があり、全ての物は等しく尊いのだと説いている。
碑文の見方を変えれば王の資格を持つ者を選別する為のシステムとも取れるが…?

なお、最深部から到達すると七賢人から「おおきなしんじゅ」を貰える為、プラズマ団とも因縁浅からぬ遺跡らしい。

アニポケでは

「海底神殿」という名称で登場。
メロエッタの歌の持つ力とうつしかがみによって起動し、コピペロス霊獣フォルムに変化させて、あらゆる自然災害を引き起こす事が可能となる。ロケット団はこれを利用してイッシュ地方を征服する計画「オペレーション・テンペスト」を始動させるが、メロエッタが解放され、うつしかがみの力にサカキが呑み込まれそうになったためにムコニャの手で計画は頓挫。暴走していた三霊獣もメロエッタにより元の状態に戻った。

関連タグ

サザナミ湾 サザナミタウン

関連記事

親記事

イッシュ いっしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かいていいせき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1151

コメント