ピクシブ百科事典

かせすみ

かせすみ

かせすみとは、東方Projectに登場する茨木華扇と宇佐見菫子の二人による二次創作カップリングである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する茨木華扇宇佐見菫子のカップリング。
華扇は『東方茨歌仙』(書籍作品)、菫子は『東方深秘録』(ゲーム・弾幕アクション作品)に初登場した。

両者は『深秘録』にて出会っており、この際は菫子が外の世界から華扇も住まう幻想郷に挑んだこともあって両者は対峙する関係となった。特に華扇が菫子にまつわる一連の要素(例えば自らの意思で結界を越えるなど)を警戒し明に暗に調査にあたり、時には参謀役の一角、時には実行者としてかかわったこともあり、『深秘録』作中での異変が終息するまで二人は明確な対立関係となった。
『深秘録』以後は関係性が大きく変化している。

『東方深秘録』

華扇のルート及び関連するルート

華扇と菫子の最初の直接の出会いは、華扇が外の世界に出た際にある。
都市伝説とオカルトボールを追い、その正体の解明に至った華扇は
自ら結界を開き、外の世界へと赴く。そこで菫子と直接出会うのである。

菫子は「 ついに人間じゃない奴が出てきた 」と喜び、華扇は外の世界の人間ながら空を飛ぶことのできる菫子に驚きを示している。このときの菫子と対する華扇の口調は『茨歌仙』などでよく見られるような穏やかなものではなく、非常に厳しく鋭い。時には高圧的なほどである。

華扇は菫子との対話の中で、時間を経て「 恐怖を忘れた 」人間の認識に「 脳が痺れるような夜の暗さ 」を再度示そうとし、対する菫子は「 不思議 」への恐怖を乗り越えた人間の在り方を語り、「 狭い世界 」にこもることを選んだ「恐怖」と対決した。

この戦いの後華扇は幻想郷へ戻るが、以後も菫子を脅威と感じていた様子で、警戒を続けていた。
そして今度は華扇が菫子に対して攻勢に出ることを目論むのである。

なおこの際に外の世界に出た目的は「 別件 」であり、菫子との出会いは遭遇的なものでもあった。
この「 別件 」は何らかの探し物であった様子である。

ついでだから幻想郷の危機も救ってくとしよう 」(華扇)

菫子及び関連するルート

最終盤の博麗霊夢のルートを除いたすべてのキャラクターを攻略した後に登場する菫子のルート(及び同様のエピソードが重なる古明地こいしのルート)において、今度は菫子が華扇やそれをフォローした二ッ岩マミゾウの「 」にかかり、幻想郷に閉じ込められることとなる。

菫子のルートにおいて最初の出会いとなるのが華扇である。
菫子が幻想郷へと入り込めたと思って喜んでいる様子に華扇がその姿を見せて皮肉を込めた歓迎の声をかけたことで菫子がこれが罠であることに気づき、華扇もまたそれを肯定する。
そして結界に穴の開いた夜の博麗神社で華扇は菫子に勝負を仕掛けるのである。

幻想郷流の洗礼を存分に受けると良い! 」(華扇、『深秘録』)

菫子はこれに勝利するもののその場に留まるわけにもいかず、以後幻想郷の様々な場所を逃げ回ることとなる。

ただし華扇も本気で菫子を排除しようとするものではなく、あくまで以後結界を破壊したり越えたりという行為に及ばないよう幻想郷に対する恐怖を与え、折を見て外の世界へと返す算段であった。

とまあ、この位脅せば十分ね 」(華扇、逃亡する菫子を前に。『深秘録』)

菫子はその後各所を逃亡するが、結局華扇が示す通り幻想郷に留まることのできるような場所もなく、逃亡のスタート地点にして両世界の境界である博麗神社まで戻ってくることとなる。
連戦に疲弊していたこともあって心境も大分変化しており、当初のような余裕もなくなっていた。

しかし再度訪れた神社での出会いを通してオカルトボールを応用した両世界の行き来の手段を思い出し、その一戦を経て再びオカルトボールの力で外の世界へと逃れた。
ただしこれは一時的なもので、また幻想郷へと戻されることを判っていた菫子はある決断をする。

一方菫子が外の世界へと一時的に逃れたのと入れ違いで、神社では霊夢がとある気付きを得ていた。
それは外の世界で菫子を見張っていた華扇にとっても予想外だったようである。
結果、この霊夢の働きによって幻想郷だけでなく菫子もまた事なきを得ることとなるのである。

一連の動向以後菫子は捕らえられ、本人を前に華扇も参加した協議の結果、菫子に今後幻想郷に関わらないよう念を押して解放した様子であった。
しかし当の菫子が「 」を通して幻想郷へとやってくるようになったこともあって、華扇と菫子の物語はまだ続くのである。


この他の要素としては、『深秘録』の段階で華扇は菫子が関連を持った「 本当の都市伝説 」の存在を見抜いており、それは次述の『茨歌仙』などにおける二人の対話にも繋がっていく(『深秘録』対戦モード、対菫子戦華扇勝利セリフ)。
一方の菫子は、華扇が関わったオカルトである「 三つの願いを叶える 」という猿の手においしいご飯を願うようで、楽しそうに何を願おうかと想像する姿が描かれている(『深秘録』対戦モード、対華扇戦菫子勝利セリフ)。

『東方茨歌仙』

『茨歌仙』では『深秘録』にも関連するエピソードについて、『深秘録』本編以前にみる『深秘録』にも繋がる当時の幻想郷の様子、並びに『深秘録』の騒動以後の両者の時系列の物語が語られている。

例えば『深秘録』以前のエピソードでは幻想郷に都市伝説の具現化が発生していたことやその怪異に華扇をはじめ霊夢や霧雨魔理沙がともに挑んでいたこと、あるいはマミゾウも独自にこれを探っていたことなども語られている。
これは華扇が菫子と出会う前にして都市伝説騒動を通した菫子との出会いにも繋がる物語である。

『深秘録』以後のエピソードでは菫子本人が登場し、華扇との交流も描かれる。
『茨歌仙』での初対面時はそのタイミングがタイミングであっただけに、菫子は華扇に対して緊張している。
華扇の方はすっかり普段のような柔らかな雰囲気へと戻っており、口調も穏やか。
この機会では華扇が特殊な形で幻想郷を訪れている菫子をどのように捉えれば良いかについて思案し、また元のような生活に戻してあげたいという思いもあって『深秘録』以後も菫子を「 観察 」していたことも語られている。

その後も菫子について本人不在の場面ながら華扇との関わりの文脈、特に「外の世界との行き来」という文脈で華扇の視点を通して語られることがあり、菫子にまつわる話題を通して華扇と八雲紫との特殊な会話が展開されている。菫子が幻想郷に来訪する際に発生する副次的な現象について紫が対処するとしたことで幻想郷での華扇と菫子とのつながりも引き続き維持され得ることともなっている。

この他の場面では一時期元気をなくした霊夢に対して華扇が激励のための催しを企画した際には菫子も協力しており、外の世界から海の魚を持ち込んだり博麗神社にUFOを呼び出したりしている。

『東方香霖堂』

『深秘録』以後の菫子の動向は、『東方香霖堂』においても語られている。そして華扇もまた『香霖堂』に登場し、両者は森近霖之助の視点も通しながらその交流の様子が語られている。

本作での二人は霖之助の構える古道具屋である香霖堂を待ち合わせ場所にして会っている。
曰く、「 密会 」。
このエピソードでは『深秘録』(「深秘異変」)より一年ほどが経過している。

本エピソードでは菫子と華扇の間に独自の交渉があることが語られており、その交渉は相互にメリットのあるものとなっている様子である。その記述からは、例えば『茨歌仙』で華扇が語ったような外の世界との伝手、「 秘密の入手ルート 」が菫子との交渉である様子も見て取れ、両作品では外の世界から入手したものとして同様の物品(食材)の名前も挙げられている。

一方の菫子側は華扇を通して幻想郷巡りをする様子が語られており、その目的には菫子の「秘封倶楽部」としての活動もある様子である。
ただし霖之助が聞いた華扇企画の幻想郷巡りは安全性を重視した幻想郷オカルトスポット巡りであった。霖之助は両者の話を聞き二人の性格を見たうえで、菫子はありのままの幻想郷を見たいのであって、華扇がスポットごとに脅かし役を仕込んでいるであろうことと、その「 VIP待遇の肝試し 」に菫子が落胆するであろうことを想像している。

また霖之助からは、香霖堂店舗内での二人の様子から菫子が華扇のいいなりになっているとも見えた様子であるが、実際に二人を通して語られた二人の間柄は幻想郷と外の世界を隔てて相互に仕事を頼み合っているというもので、霖之助は菫子が「 仙人と対等な条件で仕事を依頼しあっている 」ことを知る。
加えて、交渉事や依頼ばかりではなく菫子からは華扇とおしゃべりがしたい様子も語られているなど、菫子が華扇との個人的な交流も積極的に楽しみにしている様子も見られている。
このときの菫子から華扇への呼びかけ方は「 カセンちゃん 」。
幻想郷では尊敬を寄せられる存在である仙人をこれほどフランクに呼びかける菫子について、霖之助は「 大物 」と評している。

本作と同種の交流の様子は『香霖堂』だけでなく『茨歌仙』でもエピソードとして語られている。

余談ながら、先述のように『深秘録』には華扇と菫子の両者とも登場しており、かつ『深秘録』では香霖堂の軒先が決闘フィールドとして登場しているため、『香霖堂』で語られた店舗としての香霖堂を交えた華扇と菫子の交流を『深秘録』の対戦モードでも仮想的に再現することができる。
ただし『深秘録』に菫子の『香霖堂』での衣装は登場していないため、この点だけは各自イメージで補完する必要がある。

その他の作品

『深秘録』以後幻想郷にやってくる道を拓いた菫子の様子は上記以外の以外の作品でも描かれており、さらにその場に華扇も同席するなど、菫子と華扇の出会いの可能性はさらに広がっている。

例えば『東方三月精』では博麗神社での宴会の際に菫子と華扇がともに描かれており、共に幻想郷の宴会文化を楽しんでいる様子も描かれている。

また「文々春新報」創刊号には外の世界とのリアルタイムな交流に伴う幻想郷への影響を危惧する射命丸文によって先述の『香霖堂』で語られている華扇と菫子の「 密会 」がスクープとして取り上げられている。菫子を警戒する文は華扇に対し、菫子に対処しない霊夢に視点を向けてそのような姿勢は巫女として問題なのではないかとの旨で取材しているが、華扇もまた他の回答者と同様に、霊夢が菫子を排除しない現状について否定的なスタンスは採っていない。

菫子もまた同様の機会に文からの取材に応じている。
この中で菫子は華扇に対して「 私の友達 」と明言している他、他の面々と同様に歓迎してもらえていると感じていると語っている。先述の『香霖堂』でも菫子が語っているように、華扇とは個人的な交流もある様子が本作でも菫子の言葉を通して語られている(『東方文果真報』)。

その他の関連

「外の世界」

菫子は先述のように「外の世界」に所在し、『深秘録』ではオカルトボールなどを通して幻想郷へ挑み、その敗北の後は「 」を通して外の世界に所在しながら幻想郷を訪れている。
華扇は『深秘録』において「 賢者 」の名のもとに結界を開くという大技を披露しており、華扇個人としても外の世界に「探し物」がある様子であるなど、両者とも外の世界との強い関連が語られている。

さらに『深秘録』以後は先述の『香霖堂』での様子のように「外の世界」を介した菫子と華扇ならではのやりとりもあるなど、結界を隔ててなお、あるいは隔てているがゆえの二人ならではの交流が生まれている様子である。

博麗神社

華扇は『茨歌仙』において頻繁に博麗神社を訪ねており、菫子は幻想郷を訪れる際は博麗神社を拠点としているなど、二人は博麗神社を通しても交流の場所をもつ。
『深秘録』の騒動を通して何度も訪れることになるなど菫子は博麗神社に強い関連を持ち、華扇は一時期ながら博麗神社の巫女も代行した経験ももつ(参照:巫女華扇)など、それぞれの縁は深い。
菫子は霊夢から幻想郷を訪れたら神社に寄るよう言われており(『香霖堂』)、菫子の意思で神社を訪ねるというだけでなく神社(霊夢)側もまた菫子をこの場所へと積極的に結びつけてもいる。
先述のように夜の博麗神社で華扇らも見守る中でUFOを呼び出したりと、この場所で華扇と共にイベントを起こしたりイベントに出会ったりもしている。

二次創作では

二次創作では、先述のように『深秘録』以後も『茨歌仙』や『香霖堂』等複数の作品で二人の物語が多様に展開されていることもあり、原作で新たなエピソードが語られるごとにその想像の幅も広がり続けている。

例えば『深秘録』で見られたようなまだ緊張感や警戒感のある二人の様子、『香霖堂』以降の秘密を共有し合う間柄としての様子などの多様な表情がそれぞれの想像にも結ばれていくこともある。

華扇にまつわる二次創作一般にみる他者への教え好き、説教好きといった側面や華扇の生真面目さとそれに対比した空回りの様子などが菫子との関係でも登場することもある。

また華扇は菫子の求めるようなオカルト的知識やオカルトにも関連する伝承や古い時代の各種知識も豊富である様子が語られており、かつ、相手や状況さえ問題ないと判断すれば華扇は知識を披露したり解説したりすることに開かれており、時には語ることも満更ではないない様子も見られているため、この点もまた菫子が華扇に強い興味などを寄せるきっかけともなり得る、と想像するものもある。

この他、両者はそれぞれの形で今それぞれが主な所在を置く二つの世界を隔てる「結界」という世界観の根幹にもかかわっており、それぞれの方法でこれを越えたりする様子も描かれていることから、
時に二人の物語は幻想郷と外の世界の双方で語られるものとなる場合もある。

例えば『香霖堂』でも語られたような華扇ガイドによる菫子との幻想郷オカルトツアー、あるいは『深秘録』の様子と関連して外の世界での菫子との華扇の「 探し物 」を求める旅行などはその一例である。
外の世界での二人の様子では、菫子が外の世界のお出かけ用に華扇の服装を見繕ったりする様子も想像されている。

華扇は食にも強い愛着をもつことから、菫子と共に食事をしたり、外食に出かけたり食べ歩きをしたりするといった交流の在り方も想像されている。アプローチによってはおいしそうに食事をする華扇の姿に菫子が素朴な人間関係の在り方を発見(再発見)するなどといった、食を通した心の内奥への影響を想像するものもある。
ただし『深秘録』時点などでは菫子は未成年であり、本作における外の世界の飲酒に関する法律の仕組みは不明であるものの華扇が食と同様に愛する酒嗜の文化に挑むにはまだ時間が必要な様子でもある。
『三月精』などでも菫子はお酒以外の飲み物と思しき容器を傍らにしている。

この他では『深秘録』においてパンダカーを愛用した菫子が華扇が乗って移動することのある龍の子供との乗り心地の違いに興味を寄せたり華扇のペットたちに触れたがったりする様子や、聡明な菫子に知恵や知識を伝えることに華扇が喜びを感じたりとそれぞれの個性による交流も想像されている。

関連タグ

東方Project
茨木華扇 宇佐見菫子
東方Project(二次創作)
東方Projectのカップリング一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「かせすみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99113

コメント