ピクシブ百科事典

きりひと讃歌

きりひとさんか

手塚治虫の漫画作品。漫画界初の医療漫画。
目次[非表示]

おれの罪おれの罪おれの贖罪おれの贖い
おれの六十七号室のヘレンヘレン
ヘレンおれの患者いや だいじょうぶ
私はだいじょうぶ おれは患者
つかまえるつかまえるつかまえる
おれの患者・・・・・・・・・・・・・・・

概要

手塚治虫が劇画ブームの七十年代に発表した医療漫画、架空の病気「モンモウ病」の恐怖と外見による差別、医師会の閉鎖性、人間の弱さを抉り出す重厚なストーリー漫画である。
それまでケモノや、メタモルフォーゼを肯定的に描いてきた手塚治虫作品だが、この作品では徹底してケモノ、メタモルフォーゼが恐怖の象徴のように描かれており異彩を放っている。
狂気に陥った際、劇画調のリアルな絵柄になる等、新表現を使用していたが、この作品以外では奇子等、極一部の作品にしか用いなかった。

登場人物

小山内桐人
占部


関連イラスト

きりひと讃歌に関するイラストを紹介してください。

きりひと讃歌
きりひと讃歌の小山内桐人で峻くんのトレス




関連タグ

きりひと讃歌に関係するタグがありましたら、紹介してください。

この記事のカテゴリ

作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「きりひと讃歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 623

コメント