ピクシブ百科事典

さそりかまきり

さそりかまきり

さそりかまきりとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅦ』。爬虫類のような肌を持ったサソリっぽい外見をしたカマキリのモンスター。両腕には鋭い爪を持っており、それで相手を切り裂いて攻撃してくる。「西の洞窟」と「神殿への地下道」に出現。その時は呪文と特技が封じられているものの、それほど苦戦するような相手ではない。ドロップアイテムは「ブロンズナイフ」

『トルネコの大冒険3』では、1ターンに2回攻撃を行ってくるうえに、草系や巻物系のアイテムを切り刻んでくる。しかし、矢一発分で倒せるほどの守備力が貧弱。逆にいえば、その守備力の低さゆえ仲間にするメリットがない。

さそりかまきり系のモンスター

キマーマンティス
カマキリによく似たさそりかまきりの上位種。身体の色は緑色。「バロックタワー」に出現する。
まんげつ草」を落とすが、マヒ系の攻撃は使ってこない。せいぜい爪を振りおろす強化攻撃しか使ってこない。

『トルネコの大冒険3』では、さそりかまきりが使った2つの能力に加えて新たに「罠を作りかえる」という能力も使ってくる。仲間にしたら罠作り変え能力で落とし穴を量産される可能性を危惧されたのか、「異世界の迷宮」には登場しない。 HPと攻撃力が妙に高いため、仲間にすると心強く、仲間にできる確率も高めである。

『少年ヤンガスと不思議のダンジョン』では、「しんくうぎり」と「あくまぎり」の特技を使う。
ちなみに、『トルネコの大冒険3』で引き継がれた能力は連続攻撃だけである。

メダパニシックル
混乱攻撃やメダパニなど、冒険者を混乱させる攻撃が得意なさそりかまきりの最上位種。
身体の色は紫色。すばやさも高いため、メルビン単独時に出会うと苦戦する相手であろう。
それぞれ現代の「オルフィー周辺」「フォロッド城周辺」「聖なる湖周辺」「プロビナ周辺」に
出現する。

『トルネコの大冒険3』では、キラーマンティスの能力に加えて、隣接しているときに攻撃されると一定確率でカウンターで混乱させてくる。攻撃力はキラーマンティスと大差ないがHPはその倍近くになっている。敵として手強い分、仲間にできれば非常に頼りになり、仲間になる確率も高い。

DQMシリーズではDQMJ2Pが初登場。シリーズを通じて、特性に「混乱攻撃」を持っている。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ かまきり さそり

pixivに投稿された作品 pixivで「さそりかまきり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1154

コメント